eラーニング

多言語字幕

1本の動画を多言語で視聴可能

動画にはあらかじめ70以上の言語の字幕が設定されております。
外国籍の従業員の方も、慣れ親しんだ言語で学ぶことができ、習熟度を高めやすいです。字幕はユーザーが選べるため、グローバル人材を採用・教育されているお客さまも便利にご利用いただけます。

利用者のメリット

70の言語から選択して学習できる

動画再生画面にて、ご自身で字幕を選んで、学習を進められます。言語の習熟度に関係なく、スキルアップができるのがメリットです。

(対応言語)
日本語、英語(米国/イギリス/オーストラリア)、中国語(簡体中国/?体中国語/広東語)、韓国語、セルビア語(キリル文字/ラテン語)、ボスニア語、フィリピン語、フィジー語、サモア語、ギリシャ語、スペイン語、スペイン語(メキシコ)、エストニア語、ペルシャ語、フィンランド語、フランス語、フランス語(カナダ)、ハイチ語、アフリカーンス語、アラビア語(サウジアラビア/シリア/パレスチナ自治政府/カタール/エジプト/バーレーン/オマーン/レバノン/アラブ首長国連邦/クウェート/ヨルダン/イラク/イスラエル)、デンマーク語、ドイツ語、ブルガリア語、バングラ語、マダガスカル語、マレー語、マルタ語、カタロニア語、チェコ語、オランダ語、ノルウェー語、インドネシア語、イタリア語、リトアニア語、ラトビア語、ウルドゥ語、ウクライナ語、ヒンディー語、ヘブライ語、ハンガリー語、クロアチア語、ベトナム語、トルコ語、タミル語、タイ語、トンガ語、ロシア語、ルーマニア語、ポルトガル語、ポーランド語、スウェーデン語、スワヒリ語、スロベニア語、スロバキア語  など計71言語

管理者のメリット

多言語のコンテンツを制作する手間を省ける

初めから多言語の字幕が付いており、受講者ご自身で言語を選べるため、外国籍のスタッフの方や、海外拠点で勤務する方でもすぐ学習いただけます。ご担当者さまが多言語のコンテンツを用意する必要はございません。

この機能の活用例

現場配属前に、字幕付きeラーニングを配信しています

課題感

言語別にeラーニング教材を準備しており、準備が大変だった。手間もコストも膨大でなんとかしたいと考えていた

課題解決

翻訳作業は一切不要なので準備が楽になった。配属前にオンラインで学べる仕組みを作れた

言語の習熟度に関係なく、スキルアップできます(利用者)

課題感

 

これまでは字幕付きのeラーニングコンテンツが少なく、英語や中国語など主だった言語でしか学べなかった

課題解決

 

母国語の字幕で動画を見られるので、なんの問題もなく自己学習を進められる

よくあるQ&A

利用者が言語を選ぶには、どのような手順になるのでしょうか?

動画の再生画面に右下に吹き出しのアイコンがあり、クリックすると字幕表示の言語を選択いただけるようになっています。

導入前に、翻訳の精度を確認したいのですが、可能ですか。

はい、字幕付きでサンプル動画をご覧いただける、無料デモ環境をご用意しております。ぜひご検討の際にお申込みいただき、精度をご確認くださいませ。
無料デモ環境お申込みはこちら

この記事を見た方に、おすすめの機能

おすすめの記事・コラム