いきなり跡継ぎに!社長に必要なノウハウを学ぶ2ヵ月間

社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間~異動・配置換えを学ぶ~

異動・配置換えを学ぶ

会社には人事異動や配置換えは必ずあります。異動のときに注意すべきことってどんなことですか?

人事異動があることを最初に伝えることが何より重要です。

▼解説

雇用契約を確認する

人事異動があることを伝える

トップページへ

雇用契約を確認する

そもそも、異動に該当する社員・スタッフは 自分たちに人事異動があることを予め認識しているかどうか、を確認する必要があります。 具体的に言えば、異動について明示した雇用契約かどうかは確認が必要です。

トップページへ

人事異動があることを伝える

明示していなくても、これまで何回も「配置換え」という認識での異動が行われている組織であれば大きな問題にはならないでしょう。「新店ができるから」「売り場拡大のため」など公明正大に理由があることもポイントです。しかし、前例のない人事異動をするには、事前準備を周到に行う必要があります。

転勤や異動のある雇用の場合、採用の面接時に「将来異動があるかも・・・。」ということを伝えておくこと。「結婚」「住まい」「家族」など、異動の際に社員・スタッフの家庭内で発生する問題もあるので本人にいつ内示するか、なども考慮することが重要です。

また、組織によって異動の慣習は全然違います。以前はどのような異動をしているのかは知っておくようにして下さい。インソースの場合、通常の業務上の人事異動に加えて、本人の希望に沿う異動のケースもありますし、公募のようなスタイルになるときもあります。

トップページへ

トップページへ

従業員管理

今まで自分は総合職で異動も転勤もしてきましたから、異動については慣れてますが、「異動や転勤がない」という雇用形態もあるということも加味して社員の雇用や配置を考えないといけないですね。

異動や転勤については現在の会社の雇用形態をよく確認して、自分の経験に判断が縛られないように気をつけます。

LevelUp

トップページへ


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

直近の公開講座開催研修