いきなり跡継ぎに!社長に必要なノウハウを学ぶ2ヵ月間

社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間~人付き合いを学ぶ~

人付き合いを学ぶ

自治会や商工会といった組織と関わりが出てきます。どのように付き合っていけばよいですか?

自分から率先してかかわりにいくようにしてください。

▼解説

地域密着の中小の小売店ですから、もともと自治会や商工会と関わりがあると思っていたほうが良いですね。最近の若手の経営者は付き合いを避ける傾向がありますが、むしろ積極的に会合に参加しましょう。

自治会などの組織の課題を考え、プラスに考える

敵に回さない

トップページへ

自治会などの組織の課題を考え、プラスに考える

近年、自治会や商工会などの地域組織は解決すべき以下のような課題を持っています。

1.役員の高齢化、若年層リーダー層の不参加
会員等の参加者が固定化してしまっていつも同じ人が出ている、若い経営者は参加しない、といった問題が増えています。地元の小売店であれば地域の活性化はそのまま売上や利益に繋がるものですから、催し物や集会には積極的に参加した方が良いですね。

2.行政などとの調整、会長等一部役員への業務集中による多忙感、やらされ感
自治会や商工会では行政との調整や会議運営、会計業務などがあり、その役員ともなれば非常に忙しいものです。また「本業とは関係ないのに・・・。」とやらされていると思っている人も多いです。しかし、組織運営力の向上と考えれば自分自身の能力アップに繋がります。また、新規の参加者勧誘や地域の連携を深めるための企画力や広報力の向上にも繋がるものと、前向きに捉えていくと良いでしょう。

3.行政、学校、企業やNPOなど、地域を取り巻く各種団体との連携
このような組織は各種他の団体との連携が不可欠です。しかも、こういった団体との接触や連携は身軽な若い人の方が対応しやすいので、自分からやってみるようにしてください。

トップページへ

敵に回さない

このような組織では会長は普通一線を退いている高齢者であることが多いです。その人たちと上手く関係を築き、付き合うことが大切です。こちらから付き合いを絶ってしまったり、または敵対してしまうようなことは避けたほうがいいでしょう。高齢者と上手く付き合う術を身に付けることが必要です。

そのためには相手との世代間ギャップを埋めることです。認識の相違は出てくるものと考え、相手の話を良く聞き、相手の考えていることを良く理解するように心がけましょう。

トップページへ

トップページへ

人付き合い

こういった地域の組織と付き合うのは経験がないので、どうすべきか迷ってましたけど、まずは積極的に参加して関わりを持ってみようと思います。行政組織や各種団体との調整なども全く経験がありませんが、まずはやってみることが大切ですね。

それと、こういった組織の役員と上手く付き合う自信は今は全くありませんが、まずは相手の話を良く聞くことからやっていきます。

LevelUp

トップページへ


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

直近の公開講座開催研修