人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

タイムマネジメント研修 ~若手中堅向け(1日間)

0258タイムマネジメント研修 ~若手中堅向け(1日間)

17/01/26 更新


当研修の「ねらい」

現状のワークスタイルと、現在の仕事の分析を踏まえて、より自らの生産性を高めるための時間管理スキルを身につける研修です。

具体的には、まず自分の仕事を検証し、「考える仕事」「こなす仕事」「完全に拘束されてしまう時間」「少しなら自由に使える時間」の4つに分類します。そのうえで仕事の優先順位のつけ方や仕事の依頼の仕方、時間を無駄遣いしないための工夫、などを身につけます。最後には、研修内容を踏まえた3か月の目標シートを作成し、現場での実践につなげます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
    1.仕事が思いどおりに進まない理由を考える
ワーク
    2.タイムマネジメントのポイント
    (1)原則1:「時間」そのものは、現実には管理できない
    (2)原則2:管理できるのは、仕事や行動
    (3)原則3:時間を管理するとは、考え方や行動を変えること
    (4)原則4:PDCAサイクルで仕事をすすめる
講義
ワーク
    3.自分のワークスタイルを知る
    (1)自分の仕事を洗い出す
    (2)自分のワークスタイルを知る
講義
ワーク
    4.自分の仕事を検証し改善する
    (1)仕事・行動は4つに分類できる
    (2)考える仕事 ~集中することが鍵
    (3)こなす仕事 ~連続処理が鍵
    (4)完全に拘束されてしまう時間 ~減らすか移す
    (5)少しなら自由に使える時間 ~徹底活用する
講義
ワーク
    5.仕事の管理におけるポイント ~QCDRの明確化
    (1)仕事の目的を明確にする
    (2)仕事のゴール(QCDR)を明確にする
講義
ワーク
    6.優先順位を明確にし、同僚に仕事を依頼する
    (1)優先順位をつけることが仕事の成果をあげる
    (2)優先順位のつけ方 ~比較による図解化
    (3)優先順位を意識して仕事を進める
    (4)同僚に仕事を依頼する
    (5)依頼の手順
講義
ワーク
    7.突発の仕事に対処する
    (1)突発的な仕事にはどのようなものがありますか
    (2)上司に「突発的」にふられた仕事に対応する
    (3)トラブル発生時の対処法
    (4)メイン処理のトラブルとイレギュラー処理のトラブル
講義
ワーク
    8.仕事のやり方を工夫する
    (1)よくある時間の無駄遣いを減らす
講義
ワーク
    9.まとめ ~明日からやることを決め、決意表明
    (1)目標の立て方 ~いきなり100ではなく1つずつ消化するイメージ
    (2)3カ月の目標シート作成
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

この研修では時間の使い方の工夫や効率アップについての方法やスキルを身につけていきます。自身の時間の使い方に課題や疑問を感じていらっしゃった方に対し、まずは時間管理の重要性を再確認し、その後にPDCAサイクルを応用しながらワークを交えて効率の良い業務の進め方を学んでいきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 7月     15名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • 講師の方の話も非常に聞きやすく、内容も理解し易かったです。今まであまり気にしていなかった「やらないこと」の選別を気づかされたことは自分にとって役に立った。
  • うまくタイムマネジメントをしていくために何を意識すべきかが明確に分かった。教えていただいた事を1つずつ実践していきたいと思います。
  • まさに今の私にぴったりな内容であり、分かり易かったです。見える化ルールを実践して、少しでも効率よく仕事を行いたいです。

実施、実施対象
2014年 7月     60名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
90.0%
講師:大変良かった・良かった
91.5%
参加者の声
  • ”PDCAサイクル”初めて聞きましたが今までの自分の仕事方法を考えるととても役立つものだと感じました。入り口を探すと難しいことでも出口を決めると自然と入口が複数見えてくることがあると思います。早速、意識して実践していきたいです。ありがとうございました。
  • 緊急度を優先しがちだったので、改めて重要度の高い仕事を見直して優先順位をつけたいと思った。とても分かりやすい研修内容だった。もっと効率的に仕事できるように活用してきたい。
  • 私は医療関係で仕事をしているため、時間で行わなければならないをその時点で行わなければいけないため、他の業務を後回しにしてしまうも沢山あります。目的をはっきりさせ、逆算させ、業務上優先順位をきちんとつけ、安全で安心できる医療をできるよう、タイムマネジメントで学んだことを常に頭に入れ取り組んでいきたいと思います。

実施、実施対象
2013年 12月     13名
業種
大学・学校法人・高校
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
92.3%
参加者の声
  • 今までの業務の中でいつも何を優先すべきかと考えていました。研修の中でどうすべきか理解できたと思い、今後の業務に役立てたいと思います
  • 時間の使い方は自分でも課題に感じていたのでとても為になりました。
  • グループワークでとても楽しい研修でした、ありがとうございました。

実施、実施対象
2013年 9月     33名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • グループワークやお話の中で共感することや、「そういう考え方があるのか」というアイディアを聞くことができ、勉強になりました。自分に合った方法を見つけていきたいと思います。
  • 時間管理について客観的に考えたことがなかったが、今回、改めて考えさせられた。「仕事の見える化」という言葉が印象に残った。目に見えないものだからこそ「時間」を可視化して仕事を効率的に進めていきたい。
  • スケジュールを立てる前に、振り返って時間を把握することが重要だと知り、すぐに実践しようと思いました。また、全体像を想像するのが苦手だったので、あせらずにまず反省からと思えて気が楽になった。ありがとうございました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 7,993
  • 内容をよく理解・理解
    • 92.8
  • 講師がとても良い・良い
    • 91.3

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
半日間の研修例
組織全体のタイムマネジメントを行う場合の研修例
働き方改革リーダー研修 チームの時間管理で残業削減・生産性向上
【外国人社員向け】日本式組織のタイムマネジメント研修(1日間)
タイムマネジメント研修 突発的な仕事への対処編(半日間×2回)

関連研修テーマ
仕事の進め方研修
業務改善研修
問題解決研修
業務改善コンサルティング
若手新人向け研修

関連階層研修
ロジカルシンキング研修
タイムマネジメント研修
仕事の進め方研修
プレゼンテーション研修
CS・接遇研修
OJT研修
問題解決・課題解決研修
フォロワーシップ研修
キャリアデザイン研修
チームビルディング研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。