クラウドサービスだけで年間5,556千円も削減!~自身が詳しくない分野でもコストダウンする

クラウドサービスだけで年間5,556千円も削減!~自身が詳しくない分野でもコストダウンする

クラウドサービスだけで年間5,556千円も削減!~自身が詳しくない分野でもコストダウンする

こんにちは、インソースのコストダウンプロジェクトの総責任者です。

前回、「インソースにはコストダウンの余地は少ないかも知れないと予想していた」と書きましたが、それは見事に裏切られました。

なにせ、社長から「すぐにやろう!」と言われたクラウドサービスの見直しだけで、月間で約463千円、年間にすると5,556千円のコストを削れることが分かったのです。

クラウドサービス利用についてムダな出費が発生していた理由は以下の通りです。

・社内の複数部署で共同利用している部分が、管理者不在になっていた。
・共同利用部分の費用をどう配分するのかのルールが不在だった。
・自部署のコストであるという意識を、誰一人として持っていなかった。

中には終了したサービスに対して容量が割り当てっぱなしになっているなど、文字通り「ムダな支出」が出ている状態でした。

ムダな出費が発生しているポイント

本件はすでに社長から、システム担当部署に対して、改善の指示を出していました。

ただ、システム担当部署としては、ブラックボックスになっている部分を解きほぐして費用負担のロジックを作ったり、 各部に費用負担の分担を言い渡したりなどは、正直、とても骨の折れる仕事であり、なかなかうまく進んでいませんでした。

そこを、私としてはシステム担当部署に、「まずは、いま要らないものに容量を使っていないかどうかを確認してみたら?」 「最終的に決めの問題になると思うから、難しそうな場面は同席する」など励まし、ルールができるまでを根気強く見守りました。

私はシステムには明るくないので、クラウドサービス見直しを主導したのはシステム担当部署です。 私がコストダウン担当として少しでも役に立ったとすると、根気強く(しつこく)、ルールができるまで状況を確認して、励ましたということだけです。

自身が詳しくないことについてのコストダウンは、今後もこのようにやっていくしかなさそうです。

おすすめコラム

ins-pedia

人事・労務キーワード集

オフィス節電プロジェクト

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修