ムダが発生しやすい箇所①~共同利用部分のコストダウンのやり方

ムダが発生しやすい箇所①~共同利用部分のコストダウンのやり方

ムダが発生しやすい箇所①~共同利用部分のコストダウンのやり方

こんにちは、インソースのコストダウンプロジェクトの総責任者です。

前回、「クラウドサービスで年間555万円のムダな支払いが生じていた」と書きました。 今回は、なぜそのようなムダが生じてしまったのか、どうすればムダを生じないようにできるのかを書きたいと思います。

社内の電気代や水道光熱費、電話代などを、普段は自部署のコストとして意識しにくいのと同じ構図です。

共同利用していることでのコストダウンという視点においての最大のデメリットは、「どれだけ使っても、自分の懐が傷んでいる感覚はない」という点だと思います。

研修コストパフォーマンス向上サービス

では、このような場合のコストダウンはどうすればいいのでしょうか。クラウドサービスは個人的に分かりにくかったので、水道代に当てはめて考えてみたいと思います。

「複数部署が同居している拠点で水道代を各部署に分配する」ためには、以下の3点が大事なのではないでしょうか。

・水道代のコストダウン担当者(主導する人)を決める
・水道代の割り振りのルールを作る(人数割り?延べ勤務時間数割り?水道・トイレを使った回数をカウントする?)
・全員の、水道代コストダウンについての意識を高める

「当たり前のように使っているが、誰が管理しているかわからないもの」はムダが生じやすいです。今回の私のようにコストダウン担当に任命された方は、ぜひ、上記のようなものを見つけて、中身を細部まで確認してみることをお勧めします。

おすすめコラム

ins-pedia

人事・労務キーワード集

オフィス節電プロジェクト

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。


ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

直近の公開講座開催研修