2階層向け(役員、管理職)

役員・管理職がハラスメント防止への共通認識を持つプラン

プランNo.145

役員と管理職が、ハラスメント防止に対する共通認識を持ち、パワハラにならない"適切な指導”スキルをあらためて習得する

対象者・期間

業界・業種・規模

全業界

対象者

2階層(役員、管理職)

期間

全1日間(半日間研修×2回)

問題意識・課題

  • 職場でハラスメントが起きている
  • 職場にヒアリングをかけると、上司と部下のコミュニケーションに関する課題がある(上司が部下の話を途中で遮ってしまう、部下が意図がよく分からず怒られていると感じているなど)
  • 役員や管理職層のハラスメントに対する当事者意識が低い

問題の要因

  • ハラスメントへの危機意識がない
  • 役員、管理職が客観的に自身ととらえることができていない
  • 自分たちが教わってきたやり方で、部下・後輩を指導している

課題に対する解決策

  • まずは役員、管理職に対して、ハラスメントへの共通認識を持ってもらう
  • ハラスメント防止に向け、それぞれの役割を認識してもらう
  • 特に、管理職にはパワハラと指導の違いを認識し、コミュニケーションスキルを習得してもらう
  • ハラスメントチェックシートを用い、自身の行動を振り返ってもらう

本プランの内容

役員向け

役員向けハラスメント防止研修(2時間)

短時間で理解を促進するために、他社役員経験者を講師として登用し、一般論では無く、同じ役員としての立場からハラスメント防止に関して講義いたします。

本研修では、根本的にパワハラを防止するために、「パワハラ行為を誘発しない組織マネジメント力の強化」について学びます。さらに、パワハラを防止するだけでなく、マネジメント力向上による組織の活性化や業績向上にもつながります。

管理職向け

パワーハラスメント防止研修 正当な指導と受け止め方編(半日間)

研修冒頭で、客観的に自身を振り返っていただくために、ハラスメントのチェックテストを研修内で実施します。

本研修では、パワーハラスメントの基本を学んだうえで、事例を通じて「指導」と「パワハラ」の違いについて理解していただきます。そのうえで、アドバイスがすんなりと聞き入れられるような伝え方や部下の話のきき方など実践的なスキルを学び、正当な指導ができるようになることを目指します。

講師

ハラスメント研修の登壇経験が豊富な講師をご提案いたします。

さらに効果的な教育を実施するためには

本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.