中小企業向け、組織の大きな改編があった企業向け

約3か月で現場の意見も反映した教育体系を構築するプラン

プランNo.267

各部門・各階層からの選抜者を集めて、スキルマップを作成する。これをもとに、現場で求められる能力を階層や職種別に一覧にすることで、納得感のある教育体系を構築する

対象者・期間

業界・業種・規模

全業界

対象者

各階層、各部門から対象者を選抜

期間

約3か月

問題意識・課題

  • 【組織】教育はOJT中心で、体系的な教育計画を立てられていない
  • 【組織】親会社やグループ会社の階層別研修や単発のセミナーに参加しているが、部署や役割ごとに対応した教育を行いたい

問題の要因

  • 各社員の役割・業務分担が不明確になっている。役割・業務に応じた教育を逆算的に行う必要がある
  • 組織の状況が日々変化している中、本格的な教育体系を構築するには、コストや工数、作成負担が大きい

課題に対する解決策

  • 約3か月間で、現状の教育内容の確認から、必要なスキルの決定、研修の選定までを行い、教育体系を構築させる
  • 現場に必要なスキルについては、各階層・各部門の選抜者同士がワークショップを通じて、スキルマップを作成する

本プランの内容

インソースの教育体系構築のポイント

これまで数多くの企業・団体の人材育成体系構築サービスを受託してきたインソースが、業種や企業の成長段階に合った教育体系を構築いたします。人材育成策は、実行されて初めて効果を発揮するものです。精緻さにこだわりすぎては行き詰まってしまいます。まずはシンプルな育成体系にもとづいて実用性の高い人材育成策を打ち出します。

プランの流れ

プロジェクトのキックオフから約3か月で成果物の作成・提出までを行います。

プランの概要
スキルマップ作成ワークショップの流れ

各階層、各部門からワークショップへの参加者を選定していただき、派遣したファシリテーターのもとで、スキルの洗い出しワークを行います。グループワークを通じて洗い出されたスキルの内容を弊社で整理し、スキルマップへと整えていきます。

スキルマップ作成ワークショップの詳細はこちら

STEP1

「若手層」「中堅層」「管理職層」など、階層別に役割を定義した上で、そこで求められるスキルを具体的な業務に照らし合わせながら書き出していきます。

プランの概要

STEP2

「業務遂行」「リスク管理」など、スキルのカテゴリを大項目とし立て、そこに洗い出されたスキルを落とし込んでいきます。

プランの概要

STEP3

項目別に整理されたスキルを、粒度やレベル感を踏まえて調整し、スキルマップを完成させます。

プランの概要
成果物のイメージ

階層別スキルマップ

プランの概要

教育体系図

教育体系をもとに、弊社の研修やサービスをご提案することも可能です

プランの概要

講師

お客さまの業界や受講者の業種・職種や学んでいただく内容に応じて、おすすめの講師をご提案させていただきます。

さらに効果的な教育を実施するためには

研修前後にご利用いただける、アセスメントサービスもございます。各階層の現状のスキルを「見える化」し、研修効果を確認することができます。

ビジネスで必要な「知識」と「活用力」を測定する「階層別テスト」

「キャリアタイプ志向性」や「モチベーションの源」「チームでの役割」「判断志向」など、社員一人ひとりの分析や組織の分析、自組織にとって今後必要となる人材像・人物像の分析ができるアセスメントツールもございます。オンラインで106問の設問に回答いただきます。

一人ひとりの特性と組織全体の傾向を「見える化」giraffeアセスメント

本プランについて詳細を知りたい方は、以下よりお問合せください。
担当の営業より、ご案内差し上げます。

お問合せ

似た課題をお持ちの方へおすすめのプラン

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

Copyright © Insource Co., Ltd. All rights reserved.