急募!企画開発職!-研修会社インソースの

スタッフという選択/インソース不思議発見!(企画開発職募集)

スタッフという働き方も。

自分のペースで仕事ができる

さて、先ほどずっとインソースで働く決意を表明したスタッフは正社員ではない。 インソースでは正社員以外の仕事の仕方があるのだ。彼女はパートタイム(9:00~17:00)のスタッフとして勤務している。

スタッフ
「私は企画開発部で事前課題の送付・回収などの事務作業からテキスト作成まで幅広くお仕事をさせていただいています。もちろんテキストには納期がありますが、それを守れば、自分のペースで仕事ができるので主婦や、別にやりたいことがある方にとって、これ以上ない環境なのではないでしょうか。」

「企画開発部のお母さんみたい」!?

彼女はインソースのスタッフになる前は塾や予備校でチューターや生徒管理などの仕事をしていて、20年のキャリアを持つ事務系のスペシャリストである。

スタッフ
「一般事務っていうと、その業務は際限なく広がります。やり方もいろいろです。ミスがなくて当たり前、評価されることも少ないのが事務仕事です。でも、インソースはそこに価値をおいてくれる貴重な会社です。ですから、これまで自分が積み重ねてきた経験がひとつも無駄になっていないんですよ!例えば、紙を数えるのが早いとか、座席の誘導が上手いとか小さなスキルを評価してもらえるのが嬉しくて!!」

普段は知的で控えめな印象の彼女であるが、本当に楽しそうに話してくれた。

スタッフ
「こないだは、張り切って仕事をしていたら、『企画開発部のお母さんみたい』って、社員の男の子に言われちゃって・・・。実は結構うれしくって、これからその路線でいこうかしらって密かに思っちゃいました!」

どんなに想像しても思いつかないような事実が事前課題には書かれている!

彼女は事務的なお仕事以外にも、事前課題を基にケーススタディやテキストを作成する業務も担当している。

スタッフ
「事前課題をこの会社の誰よりも早く目を通すことができるんです。すごくラッキーだと思いませんか?時には、涙の出るような事前課題に出会うことだってあるんですよ。」

なんと、純粋な人なんだろう。近頃「感動」とは縁遠くなっている自分が恥ずかしくなる思いだった。

スタッフ
「現実にまさるものはないんです。どんなに想像したって思いつかないような事実が事前課題には書かれています。直接お会いできない方と事前課題を通して知り合い、それを基に自分が作ったテキストが、その方の職業人生を左右するかもしれないと思うだけで、身の引き締まる思いですし、同時に喜びを感じます」

ページトップへ
インソース不思議発見!!インソースの頭脳部と呼ばれる企画開発部。お客様に合わせた丁寧なカリキュラムは、仕事を愛する気持ちがあってこそのものだということがわかりました。なぜそんなにも仕事を愛するのか...?インソースのミステリー。しかしその答えは単純で、「やりがい」、「仕事の面白さ」、「恵まれた職場環境」に尽きるようである。現在、企画開発部では新しい正社員・スタッフの緊急募集している。そこで彼らにどんな人が業務に向いているのかを尋ねてみた。大畑「色々な仕事経験があり、その経験を反映していける人」松岡「自分の考えを持ち、言いたいことがある人。仕事を楽しめる人」スタッフ「自分で行動できる、かつ指示を素直に受け入れられる人」企画開発部のミステリーを自分の目で確かめてみたい方、身をもって体験したい方は是非お問い合わせください!
ページトップへ
応募方法

お電話のうえ、履歴書をご郵送もしくはメールでご送付ください。追って面接の日時をご連絡いたします。

ご連絡はこちらから

03-5577-2281 担当:北嶌

中途採用のお問合せページへ


アルバイト採用のお問合せページへ