ENERGY(エナジー)とは~人事部長百瀬が語るエナジー

ENERGY(エナジー)とは~人事部長百瀬が語るエナジー

「30代で役員になることが目標です!」という新人。
「私イキイキと働いていますよ」という御年74歳のシニアスタッフ。

多様な人材が働くことを楽しんでいる光景はインソースでは珍しくありません。

新人から社長まで、若手からシニアまで、多様な性も国籍も関係なく、「教育とITの力で社会課題を解決したい」と割と本気で思っている。それがインソースという会社です。

そして、働くことを楽しむために当社で大切にしているのが「エナジー(エネルギー)」です。
「エナジー」は当社で働く全員の共通言語として、
「エナジーがあるから働くことを楽しむことができる」
「エナジーがあるから困難に立ち向かうことができる」
「エナジーがあるから困難を突破することができる」
と個々が認識しています。

「エナジー」の源

この「エナジー」の源。
これは人によって様々だと感じています。

「お客さまに喜んでいただきたい」
「目標を達成したい」
「仲間と達成感を味わいたい」
「まだ世にない教育コンテンツを開発したい」
「最新の知識・技術を習得したい」 等

「〇〇がしたい」という思いこそがエナジーの源泉。
エナジーがあふれる方と是非とも一緒に働きたいと思う次第です。

新たな事業を創出する次世代の担い手「エネルギー職」

最後に、2021年から採用を開始したエネルギー職について触れておきます。
エナジーを大切にする当社の中でも、飛びぬけてエナジーを発揮できるタイプを「エネルギー職」と呼んでいます。
職種という概念は当てはまらないかもしれませんが、「〇〇をしたい」を突き詰められる人、そのためにあらゆることを学びに変えどんな困難も乗り越えられる人をエネルギー職として採用しています。
エネルギー職として採用されたメンバーには、若手のうちから新規事業への参加や、様々なプロジェクトへのアサインなどチャレンジできる環境をいち早く与えています。

例えば・・・
入社2年目の若手社員2名を新規事業の主力メンバーに抜擢し、新規事業における企画からサービス内容の開発、販促までを任せました。
内なるエネルギーを秘めたタイプの2名が、悩み、苦労し、残業をし、社長から直接フィードバックをもらいながら、徐々にサービスが形になっていくことに対してイキイキとした表情で仕事をしていたことが大変印象的でした。

結果的に、若手らしいスピード感でサービス開始!!
この事業こそが「Python学院」というオンラインで学べる、Pythonに特化したプログラミング教育機関の設立です。
教養としてプログラミングを学ぶのではなく、ビジネス現場で活用することを前提としたカリキュラムが特徴で今後の拡大が楽しみな事業となっています。

このように「〇〇がしたい」という溢れ出るエネルギー、内なるエネルギーを発揮したいという方是非ともエネルギー職にチャレンジしてください!!
成長に対するガラスの天井のない当社で活躍してください。

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。