人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

業務改善研修 ~組織的な業務のあり方と効率化(1日間)

2057業務改善研修 ~組織的な業務のあり方と効率化(1日間)

16/09/02 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

チーム全体として仕事を効率化するためには、組織的に仕事を進める仕組みと情報連携が不可欠です。本研修ではタイムマネジメントの基礎を改めて学んでいただいた上で、具体的に自分達の部門全体の効率性を高める解決策を考えます。
研修は演習中心で進行します。実際に自分達の通常業務を題材に個人・グループのワークに取り組んでいただき、自発的にチームの解決すべき課題に気づいていただき、翌日からの具体的な行動を促します。

3つのアプローチから職場全体の生産性を高めます。

1.分業の不経済をなくす
現在の業務体制を見直し、分業と集中の最適化を改めて考えます

2.プロセスの見える化
業務進捗を担当者以外にも常時把握可能、つまり見える化することにより、
業務分担の最適化を図ります。

3.情報共有の徹底
人によって異なる「欲しい情報」を見直し、職場全体で「必要な情報」を統一化します。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
 
内容
手法
 
  • 1.はじめに
  • (1)仕事の効率化は、日常分析からを踏まえた日常改善から
    (2)仕事を効率化するためのタイムマネジメントとは
    ①「時間」そのものは、現実には、管理できない
    ②管理できるのは、仕事や行動
    ③仕事を管理するとは、考え方、行動を変えること
講義
  • 2.組織的な業務のあり方を考える
  • (1)改めて自分達の仕事をプロセスに分解してみる
    【ワーク】業務プロセス分解ワーク
    (2)組織全体で効率化させる仕事
    【ワーク】組織全体で集約することで効率化できる仕事は何か?
    を考える
    (3)「分業の不経済」をなくす
    ①役割と責任
    ②分業の不経済をなくす ~役割を越えてチームの目標に貢献する
ワーク
講義
  • 3.仕事の見える化を考える
  • (1)仕事の見える化とは「プロセス(ステータス)の可視化・数値化」
    (2)仕事のプロセス毎に管理指標を設定する
    ①プロセス管理における管理指標とは?
    ~どのような状態(数値)であれば問題かを明確化する
    ②【ワーク】業務プロセスごとに管理指標を考える
    (3)週間計画表を用いてPDCAでプロセスを見える化する
ワーク
講義
  • 4.コミュニケーションを円滑にし、仕事の効率を上げる
  • (1)「適切な情報」が仕事の効率を向上させる
    (2)情報共有の手法
    【ワーク】部門全体として共有すべき情報とは何か?
    また、情報を共有するためにはどのような手段が適当か?
    (3)情報共有のタイミング
    ①上司が求めるタイミングと部下が発信するタイミングは合致しているか?
    ②【ワーク】情報発信ワーク
    ~自分自身の仕事において「報告すべきこと」「相談すべきこと」を洗い出す。その後マネージャーにどのようなタイミングで報告・相談しているか?を考える。個々人で考えたタイミングとマネージャーの認識とをすり合わせ、ギャップを埋める
ワーク
  • 5.まとめ ~明日からの行動宣言
  • 研修内容を踏まえ、明日から具体的に何に取り組むか?を考えグループ内で宣言していただきます。
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

これまでのタイムマネジメント研修は、「個人の改善」に目が向いていました。もっと職場全体での改善を図ることはできないのか。そこから本カリキュラムは生まれました。

職場の生産性を低下させる主な原因を過度な偏りのある業務分担」「職場のコミュニケーション不足」と定め、実務的にどようにな行動をとれば、その問題が解決されるかをご紹介するカリキュラムです。

「同じ職場なのに、毎日あの人だけ・・・」そんな悩みを抱える職場におすすめです。

講師からひとこと

この研修では時間の使い方の工夫や効率アップについての方法やスキルを身につけていきます。自身の時間の使い方に課題や疑問を感じていらっしゃった方に対し、まずは時間管理の重要性を再確認し、その後にPDCAサイクルを応用しながらワークを交えて効率の良い業務の進め方を学んでいきます。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2014年 12月     18名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • スケジュール管理の大切さ、また、ギリギリで仕事量を見積もらないことが、能力を上げるコツだと理解しました。
  • グループワークをする機会で、様々な意見、考え方を聞き非常に有益だった。時間などの使い方を見直すいいきっかけになった。
  • 業務改善ということで、課内業務全体をイメージして参加しましたが、まずは個人レベルで改善→それが組織の改善につながるということで、とても取り組みやすくイメージしやすい内容の研修でした。

実施、実施対象
2014年 7月     29名
業種
建設
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.6%
参加者の声
  • 時間管理に関する技術的な事と心に訴えるヒューマンの部分が適度に資料の中に収められていて大変心地良く受講する事ができました。整理整頓から始めたいと思います。
  • 業務改善の大切さ、コミュニケーションの大切さを改めて学びました。仕事に必ず役立てたいと思います。ありがとうございました。
  • 自分ひとりでは思いつかないような意見等が聞けてとても参考になりました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 8,129
  • 内容をよく理解・理解
    • 93.3
  • 講師がとても良い・良い
    • 92.2

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
業務改善活動コンサルティング
病院向け業務改善研修例
業務フロー作成研修例
会議改善プロジェクト研修 自社の会議のあり方を見直す編(1日間)
少しの工夫から始める業務改善研修 みんなが働きやすい職場づくり編(半日間)
業務改善研修 変化に対応し、働き方改革を実現する

関連研修テーマ
ナレッジマネジメント研修
仕事の進め方研修
タイムマネジメント研修
マニュアル作成研修
整理力向上研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。