イータイピングプロ

なぜ、いまタイピングなのか~スマホ世代のPC離れ

スマートフォンの普及でEメール、チャット、Webブラウジング、動画視聴、ゲームといった主にコミュニケーションとエンタメ系の利用がPCからスマートフォンへの移行に拍車をかけています。 特に若年層は家庭の中でPCを使う機会が大幅に減ることになりました。

特にiPhoneが急激に普及した2012年から2014年の間に若年層のPC離れは大きく進み、今やPCをほとんど使った経験がないスマホ世代の新社会人が全国の職場に現れています。

その差約8倍!?タイピングが及ぼす生産性への影響

ホワイトカラーの職業の場合、ほとんどの人は自分のPCでなんらかの入力作業(メールや資料の文章作成、データ入力等)といったタイピングを伴う仕事に大半の時間を使っています。

しかし、タイピングスキルの差は人によって、大きく違います。平均的なレベルであれば1分間に200文字(英数字キー)程度、速い人は400文字以上、遅い人では1分間に50文字程度しか入力できません。

その差、約8倍。つまり、生産性も8倍違うということに。

製造の現場では一人一人の作業を計測し、その生産性を高める努力を絶えず行っていますが、PCを使う作業では、生産性については個人任せの状態となっているのが現状です。

e-typing pro (イータイピングプロ)ならば、このような現状を視覚化し、管理することも可能になります。

誰でも練習しだいで、タイピングスキルを向上できる!

タイピングは実技です。自転車や鉄棒の逆上がりと同じで、生まれつきできる人はいませんが、 練習することで誰でもできるようになります。さらに自分のレベルを他人と比較し、努力目標 を持つことでさらに高いスキルを手に入れ、あらゆるスキルの成長にもつながります。

タイピングスキルの習得にかかる時間・練習量には個人差がありますが、毎日15分程度の練 習で2か月~3か月程度継続することで大半の人は、タイピングスキルを向上させることが可 能です!

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください