CS調査パック(ライト)

CS調査パック(ライト)

研修の目的・特徴

「お客さま目線」で現場の顧客満足度を調査する

1.社員・スタッフの現場での動きや対応を把握する
⇒サービス業を始め、多くの企業で実績のある店舗調査や
窓口対応調査の項目を利用し、ポイントを絞った調査を実現

2.できている/できていないが明らかになる
⇒分かりやすく、具体的なチェック項目で、本人も納得の評価


■サービスの強み

・パック価格で10拠点まで調査可能! ※自組織に限らず、競合組織も可能!

使用例:
1.自店舗4店舗の研修前後調査 + 競合店舗2店の調査による比較
2.自社5拠点および競合3社 + 評価下位拠点2拠点の研修後調査 など

上記に加え、自店舗の調査結果に合わせた研修を実施いたします。

・業種ごとに評価項目を設定し、的確な評価を実現!(飲食、アパレルなど)
・顧客の自社店舗・窓口だけでなく、他社の店舗・窓口を含めることも調査可能!

■研修では、個別具体的な指導・フィードバックを実施
調査結果をもとにした指導は、受講者にとっても腑に落ちやすく、翌日からの
実践を可能に

■再調査で、改善度合いの確認と新たな改善点を把握する

調査研修調査の流れにより、社員・スタッフのレベルアップが可能

CS調査の流れ

■各工程の目的
①【1回目調査[事前調査]】⇒現状把握が目的
顧客視点の評価と業態平均との比較により、自組織の接遇レベルの把握が可能。

②【研修】⇒事前調査から明らかになった課題を改善することが目的
お客さまに最適な研修を実施。調査結果に基づき、指導・フィードバックも行う。

③【2回目調査[事後調査]】⇒効果測定が目的
研修とその後の現場での実践を踏まえ、事前調査結果と比較し接遇レベルの変化を確認。報告書は、1回目調査からの数値の推移が一目で分かる
フォーマット。

<調査項目>

■チェック項目
1.仕草・身だしなみ
2.挨拶・声かけ
3.言葉遣い・話し方
4.環境
5.リピート意向、など

PDFファイル <診断項目サンプル>

<報告書項目>

■評価項目
1.カテゴリー別
2.総合評価
3.改善ポイント
4.得点率とリピート意向の傾向
5.リピート意向のポイント、など

<報告書サンプル例>
(※画像をクリックしますと拡大されます)
報告書サンプル 報告書サンプル

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

研修ラインナップ

インソースのCS調査パック(ライト)は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

【顧客志向】プログラム~CS向上研修

【業種・対象者別】

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!