2020年05月22日 ニュースリリース

「視覚障がい者ならどなたでも!おたすけ電話相談窓口」をサポート

「視覚障がい者ならどなたでも!おたすけ電話相談窓口」をサポート

当社お取引先の31,883組織に広く告知

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はこの度、当社WebページにてNPO法人日本ブラインドサッカー協会(以下「JBFA」)が無料で提供する「おたすけ電話相談窓口」の告知を開始いたしましたので、お知らせします。

外出自粛要請の続くなか、視覚障がいのある方の外出をサポートするガイドヘルパーのサービスが利用しづらくなっています。また、インターネットを介して買い物をしようとしても、視覚障がいのある方のパソコン・スマートフォンの習熟度によっては、なかなか難しいのが現状です。

そこで、当社がサポートしているJBFAではこの度、視覚障がいのある方ならどなたでも無料で相談できる「おたすけ相談窓口」を開設いたしました。この取組みをサポートするため、当社Webのトップページにて告知をすることといたしました。

ハラスレイヤー

当社では今後とも、どのような人でも活躍できる社会の実現を目指し、サポートしてまいります。

■「視覚障がい者ならどなたでも!おたすけ電話相談窓口」
「いつものスーパーが品薄で困っている。他に買い物するすべはないか」「外出自粛が続き、視覚障がいのある子どもが運動不足で困っている」など、日常における様々なご相談をお受けします。

・対応窓口 050-3627-5015(おたすけ電話相談窓口専用回線)
・対応時間 10:00-12:30/14:00-16:30(平日・土日※祝日は除く)
・対象者 ・視覚に障がいがある方 ・視覚に障がいがある方のご家族(同居人)

<当社におけるJBFAへのサポート>
サプライサービスパートナーとして、公開講座及び営業支援システム「Plants」の無償提供、またダイバーシティ教育プログラム「スポ育」への資金提供をし、支援しています。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せフォームへ