2019年01月24日 ニュースリリース

事業承継マッチングプラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」代理販売開始のお知らせ

事業承継マッチングプラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」代理販売開始のお知らせ

地方金融機関・自治体向けM&A支援ツールの提供を開始

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋 孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、この度、資本業務提携をしている株式会社ビジネスマーケット(本社:東京都港区、代表取締役社長:表 一剛、以下「ビジネスマーケット」)が提供する、事業承継マッチングプラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」の代理販売を開始したことをお知らせいたします。

当社はこれまで、全国に22の拠点を持っているという強みを活かし、主に人材育成の側面から地方金融機関や自治体の課題解決を支援してまいりました。これまでに699の金融機関、1,072の地方自治体との取引実績があります(※1)。今回の事業承継マッチングプラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」の代理販売開始により、人材育成の側面からだけではなく、地域活性化支援という側面から地方金融機関や自治体の課題解決を支援することが可能となります。

※1:2003年6月から2018年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計


地域活性化のためには中小企業の存続が重要ですが、後継者不足や高齢化のために事業を承継できずに廃業してしまう企業があり、地域における大きな課題の一つとなっています。

当社が代理販売を開始する「ビズマ(BIZMA)」は、事業承継などのM&Aを支援するWEBプラットフォームです。本システムを導入する金融機関や自治体が利用しやすいように、閲覧者の制限や案件情報の閲覧可能項目の拡大、システム利用者間での情報連携といったカスタマイズが可能となっております。また、本システムの特徴として、事業承継(M&A)成約時における成約手数料や着手金を無料としているため、各企業は限られた予算の中でもM&Aを実施することができます。

当社では今後も、「ビズマ(BIZMA)」をはじめとする多様なサービスの提供を通じて、地方金融機関や自治体におけるあらゆる課題解決を支援してまいります。

【ビズマ(BIZMA)とは】
売上拡大、コスト削減、後継者育成、事業承継といった事業上の課題解決を実現するプラットフォームとして、株式会社ビジネスマーケットが運営している事業承継プラットフォームです。
最大の特徴は、事業承継(M&A)が成約した場合であっても、プラットフォームとしての成約手数料や着手金などは、無料(※2)としている点であり、このことにより事業承継や後継者育成などをサポートするアドバイザーのサポートを得られる機会を最大化できるところにあります。

※2:M&A案件の実行に際し、弁護士、税理士、仲介アドバイザーといった専門家を利用される場合は、直接専門家との契約が必要となります。




■中小企業の事業成長を実現する課題解決プラットフォーム「ビズマ(BIZMA)」
https://bizma.jp/

■事業承継マッチングプラットフォーム ビズマ(BIZMA)リーフレット
https://www.insource.co.jp/common/pdf/business-market.pdf

【会社概要】
株式会社ビジネスマーケット(https://www.business-market.jp/
・本社所在地 :東京都港区新橋4-7-4 STトミタ 4F
・設立 :2016年11月
・代表者 :代表取締役社長 表 一剛
・資本金 :10,000,000円

株式会社インソース(https://www.insource.co.jp
・本社所在地 :東京都千代田区神田錦町1-19-1 神田橋パークビル 5階
・設立 :2002年11月
・代表者 :代表取締役 執行役員社長 舟橋 孝之
・資本金 :800,623,150円

以上

本記事のPDFファイルは、こちらにございます。

お問合せボタン