2019年04月12日 ニュースリリース

RPA導入後、活用へつなげる「UiPath研修」など新作3研修を開発

RPA導入後、活用へつなげる「UiPath研修」など新作3研修を開発

2018年12月末までの累計でAI・RPA導入支援サービスの利用人数が1,000人を突破!

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はこの度、2018年12月末までの累計でAI・RPA導入支援サービスの利用人数が1,000人を突破したことをお知らせいたします。また、RPA関連の新作研修を3本開発しましたので、あわせてお知らせいたします。

■利用者累計1,000人突破!インソースのAI・RPA導入支援
当社はAI・RPA導入・活用支援に力を入れており、2018年12月末までの累計でAI・RPA導入支援サービスの利用組織数が325組織、利用人数は1,515人となりました。

■RPA導入がゴールではない。次のステップを目指す新作3研修のポイント
RPA導入を進めている企業の方をサポートする中で、「とりあえず導入はできたが、自組織の業務に対してどのように使えばいいのかわからない」といったお悩みを多く伺います。
この度、RPAで自動化する対象の業務を増やすために、開発スキルを向上する研修を開発いたしました。これまで当社のAI・RPA研修は、導入に向けた業務整理や、基本的な操作を学んでいただく内容が中心でした。この度の新作研修により、RPAの現場活用範囲が広がり、導入効果をさらに高めることが期待できます。また、2020年のプログラミング教育必修化に向けた、子どもと一緒にプログラミング的思考力を養う研修もラインナップに加わりました。

<定型業務の効率化をサポートするインソースのRPA関連研修(新作3本)>
■RPA研修/UiPath研修 初中級編~豊富な機能を用いた自動化を実現する

▼対象者
    ・RPAの導入を検討しており、RPAツールを一度使ってみたい方
    ・定型業務が頻繁にあり、自動化したい方
    ・UiPathを導入する予定、または導入したが、使い方がわからない方

▼RPA研修/UiPath研修 初中級編 のポイント
    ①RPAの導入に必要な基礎知識や主なツールの特徴について学ぶ
    ②実際にUiPathを用いて、操作方法を習得する
    ③ブラウザ操作やExcelファイルとの連動を習得する

※「UiPath」とは、UiPath株式会社が提供する、操作しやすい画面設計と複雑な業務への拡張性を兼ね備えたRPAツールです。

■RPA研修/WinActor®研修 中級編~RPAを業務に活かす

▼対象者
    ・WinActor®の基本操作と簡単なシナリオ作成ができる方
    ・現場での実務を想定したシナリオ作成を学びたい方

▼RPA研修/WinActor®研修 中級編~RPAを業務に活かす のポイント
    ①WinActor®を運用する際の考え方について学ぶ
    ②シナリオを作成していくうえで必要な「シナリオ構築規約」について学ぶ
    ③Excelを利用する業務や実際の業務を想定したシナリオ作成を行なう

※「WinActor®」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

■親子で学ぶプログラミング入門研修~スクラッチ(Scratch)を使ってプログラミングを学ぶ

▼対象者
    ・小学校5年生~中学校3年生のお子様と保護者の方
    ・スクラッチ(Scratch)言語を使ってプログラミングの基本を楽しみながら学びたい方

▼親子で学ぶプログラミング入門研修 のポイント
    ①スクラッチ(Scratch)言語を用いて、プログラミングを体験する
    ②プログラミングを通じて、プログラミング的思考力を養う
    ③親子で協力して、作りたいプログラムを自由に改造する

当社では今後とも、人材育成と業績向上をトータルにサポートするサービスを開発してまいります。


以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せボタン