2020年11月25日 ニュースリリース

DX推進を支援!「ビッグデータ俯瞰解析サービス」の代理販売を開始

DX推進を支援!「ビッグデータ俯瞰解析サービス」の代理販売を開始

VALUENEX社と提携し、ビジネス戦略のコンサルティングを提供

DX関連研修を多数開発している株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はVALUENEX株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:中村達生、証券コード:4422、以下「VALUENEX」)の展開する「ビッグデータ俯瞰解析サービス」の代理販売を開始いたします。

新型コロナウイルスの影響下でビジネス戦略の見直しを迫られた組織では、DX(デジタルトランスフォーメーション)改革の推進ニーズが急速に高まっています。しかし「DX改革の必要性は理解しているが、具体的に何から始めれば良いか分からない」、「DX改革を推進できる人材が不足しており、データやツールの活用方法も分からない」などのお悩みを伺うことも多いです。
そこで当社では、VALUENEXが提供する「ビッグデータ俯瞰解析サービス」の代理販売を開始いたしました。本サービスを用いて、新型コロナウイルスが社会・産業に与える要因を洗い出し、戦略シナリオルートにどのように変化が生じるかを可視化し、経営の意思決定に寄与する情報を提供します。ビッグデータ解析などの専門知識がない方でも図解で理解することができるため、クライアント自身によるビジネス戦略の立案を効率的に行うことが可能です。組織毎のご要望に応じた調査や分析の実施、組織の課題解決をサポートいたします。

■ビッグデータ俯瞰解析(※1)による課題解決
世の中にある多様化、複雑化した大量のテキストデータを、一枚の俯瞰図として高精度に可視化、解析し、組織の経営戦略やR&D戦略などの課題解決をご支援いたします。

サービス名 コンサルティングサービス ASPサービス
対応内容 ・事業戦略
・R&Dイノベーション
・M&Aデューデリエンス
・投資戦略/無形資産評価
・知財ポートフォリオ
(IPランドスケープ)
・技術動向調査
・スタートアップ検索
・マーケット分析
・コンサルティングと同様
(対象となるテキストデータをお客様が保有していること、一部テーマは専門的な解析手法の習得が必要)
ご利用の流れ ①調査目的の整理
②ご契約
③現状分析
④俯瞰解析
⑤報告書の作成、報告
①利用目的の設定
②ASPツールの体験
③ご契約
④ASPツールの活用
⑤コーチングサービス(別途費用)

■事例:日本における将来の観光事業シナリオ

Valuenex

   参考例:ビフォーコロナの観光事業シナリオルート

Valuenex

   参考例:アフターコロナの観光事業シナリオルート

※1、「ビッグデータ俯瞰解析」とは、大量のテキストデータ同士の類似性を可視化した俯瞰図によりテキストデータの全体像を把握する手法です。これにより、知的財産、研究開発、マーケティング等に資する知見を獲得可能にすることができます。

■VALUENEX株式会社(https://www.valuenex.com)(https://www.valuenex.com)

VALUENEXは、これまでも様々な企業や官公庁向けに俯瞰解析ツールおよびコンサルティングサービスを提供。今後は、解析ツールおよびコンサルティングサービスの幅を広げ、市場動向の予測、研究開発や知財戦略の策定のみならず、アフターコロナにおける解析などビジネス戦略の支援にも取組む。

  • ・本社所在地 : 東京都文京区小日向4-5-16 ツインヒルズ茗荷谷
  • ・設立 : 2006年8月
  • ・代表者 : 代表取締役社長 中村 達生
  • ・資本金 : 522,000,000円
  • ・事業概要 : 情報解析による情報提供サービス業ツールライセンス販売業

■株式会社インソース(https://www.insource.co.jp)

  • ・本社所在地 : 東京都千代田区神田錦町1-19-1 神田橋パークビル 5階
  • ・設立 : 2002年11月
  • ・代表者 : 代表取締役 執行役員社長 舟橋 孝之
  • ・資本金 : 800,623,150円

当社では、今後ともDX関連の商品拡充を行い、お客さまの業務効率化の推進をご支援してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらにございます。

お問合せフォームへ