インソース×社会人基礎力診断

インソース×社会人基礎力診断

社会人基礎力診断について

社会人基礎力とは、「職場や地域社会の中で多様な人々とともに仕事をする上で必要な基礎的な能力」として経済産業省が提言したものです。
言い換えれば、学問で得られる専門知識やスキル以外に仕事をする上で必要になる基本的な力のことです。

社会人基礎力は、大きく「前に踏み出す力(アクション)」「考え抜く力(シンキング)」「チームで働く力(チームワーク)」の3つの力に分かれます。
この3つはさらに「主体性」「働きかけ力」「実行力」「課題発見力」「計画力」「創造力」「発信力」「傾聴力」「柔軟性」「情況把握力」「規律性」「ストレスコントロール力」の12要素に分解されます。

この診断では、各要素ごとの診断結果を見ることができます。インソースでは診断結果をもとに、効果的な研修の企画・提案をいたします。



抱える課題と活用事例について

「今どきの若手は主体がないなぁ・・・」

「主体性」と言っても期待する行動は様々です。どこにゴールを据えるのか、客観的な視点を踏まえて考えることが必要です。

お客さまや弊社講師の声から読み取れる近年の新人・若手の傾向は、大きく分けて以下の2つが挙げられます。
・主体性・積極性に欠ける
・帰属意識が低い

これらの傾向に対し有効な対策を打てないままでいると、今後、中堅~次世代リーダー層の主体性や帰属意識の低下につながり組織全体のパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあります。主体性を持つことによって、どのような行動変革を起こしたいのかまずはゴールをはっきりさせたうえでの研修企画・実施がお勧めです。



「入社時や人材配置の変更時など、新たな環境で早くなじめるかなぁ」

入社時・異動時など職場でOJTを指導するための準備段階の一つとして役立ちます!

入社や異動をする本人以外だけでなく、受け入れ側も色々な不安を持つものです。

人事や管理職の立場としては、どうすればその人の持つ能力を最大限に発揮してもらえるか、に悩まれることでしょう。
そしてそれは、早ければ早いに越したことはありません。

いざ、本人が職場に着任!となってから、その人自身の特徴や長所・短所を把握することに時間をかけていてはビジネスチャンスを逃してしまうことも考えられます。そんなことのないように、人事情報の一つとして本診断がお勧めです。

「効果的な研修をしたいと思っているのだけど、
どんなことを強化してよいのわからないなぁ」

まずは診断から!客観的なデータをもとにインソースからぴったりの研修をご提案します。
自組織の社員や職員にとって、よい研修の企画をするための第1歩は現状の課題を踏まえることです。
そのためのツールとして、お勧めです。


お申し込み方法

以下のお問い合わせフォームへ必要事項をご記入のうえ、ご相談ください。
お申し込みを確認いたしましたら、弊社営業より受講者様の情報についてご連絡をさせていただきます。



お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)