2020年02月19日 ニュースリリース

テレワーク・リモートワーク支援システム
「Remonade(レモネード)」の代理販売開始のお知らせ

テレワーク・リモートワーク支援システム
「Remonade(レモネード)」の代理販売開始のお知らせ

テレワーク・リモートワークの方も含めたチームのパフォーマンスを可視化。

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋 孝之、証券コード:6200、以下「インソース」)は、株式会社Queue(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柴田 直人、以下「Queue」)が提供する、テレワーク・リモートワーク対応のパフォーマンス可視化・チームマネジメントツール「Remonade(レモネード)」の販売を開始しましたことをお知らせいたします。

ビジネスパーソンの働き方が多様化している中で、「オフィスに出勤する」という、これまでは当然視されてきた勤務形態を見直し、テレワークや在宅ワークを導入する企業が増えてきました。しかし、制度導入や運用時に、「お互いの顔が見えない故の不安がある」「仕事に対する姿勢や働きぶりをどう評価していいのかわからない」といったお悩みを伺います。「Remonade」はこれらのお悩みを解消するツールです。

■パフォーマンス可視化・チームマネジメントツール「Remonade(レモネード)」とは
https://remonade.io/
当社の資本提携先である株式会社Queueが2020年1月23日にリリースしたチームのパフォーマンス可視化・マネジメントツールです。「世界中どこにいても顔が見合わせられるワークスペース」をコンセプトに、コミュニケーション不足における課題を解決するだけでなく、仕事の進捗を可視化することで、生産性の向上をはかります。

◇Remonadeの3つの機能
 1.毎日のタスク管理「Today」
 メンバーが業務開始時に、その日の気分とタスクを手軽に記入できる機能を搭載しています。

 2.チームの進捗をリアルタイムに可視化する
 メンバーが、各自のタスク進捗をリアルタイムに共有することができます。また、カメラ機能により、
 それぞれの着席状況が表示されるため、「チームで一緒に働いている」と感じることができます。

 3.マネージャーダッシュボード
 各自のタスクやプロジェクトの進捗管理、達成率など、チームのパフォーマンスをひと目で把握できる
 ダッシュボードを搭載しています。

◇価格例

1ヶ月プラン(税別)

ライトプラン スタンダードプラン エンタープライズプラン
月額400円/ユーザー 月額600円/ユーザー 月額800円/ユーザー
  • ・「Today」によるタスク管理
  • ・アクティビティとスタッツ
    (進捗の可視化)
  • ・マネージャーダッシュボード
  • ・ライトプランの全機能
  • ・24時間チャット
  • ・ビデオチャット
  • ・スタンダードプランの全機能
  • ・データのエクスポート
  • ・着席時間のトラッキング

※別途初期費用がかかります。

※新型コロナウイルス拡大に伴う「Remonade」無償提供のお知らせ
https://remonade.io/mag/made-free
新型コロナウイルスの感染の拡大に伴い、事態の収束の見込みが得られるまでの期間、パフォーマンス可視化ツールRemonade の全ご利用者様の無料期間を延長し、実質無償でサービスを提供いたします。

無償提供の期間の終了時期は現時点では決定しておらず、新型コロナウイルスの感染状況の報道等に合わせ、ご利用各社様とコミュニケーションを取り決定させていただく予定です。

■株式会社Queue(https://www.queue-inc.com/)

  • ・本社所在地 : 東京都渋谷区渋谷1丁目22-10 4F
  • ・設立 : 2016年11月
  • ・代表者 : 代表取締役 柴田 直人
  • ・資本金 : 10,000,000円

※Queue社はインソースの出資先です。

Queueは、東京大学工学部卒、柴田直人氏・三橋啓多氏が2016年に設立したAIベンチャー企業です。 機械学習・画像認識の領域で高い技術力を有しており、クライアントの課題解決に向け、その高度な技術を用いたソフトウェア等を提供しています。

■株式会社インソース(https://www.insource.co.jp)

  • ・本社所在地 : 東京都千代田区神田錦町1-19-1 神田橋パークビル 5階
  • ・設立 : 2002年11月
  • ・代表者 : 代表取締役 執行役員社長 舟橋 孝之
  • ・資本金 : 800,623,150円

当社では今後とも、多様な人材が働きやすい環境づくりの支援サービスを拡充してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらにございます。

お問合せフォームへ