2020年10月21日 ニュースリリース

文系もDX人材に。「WEBアプリ開発人材育成コース」を開発

文系もDX人材に。「WEBアプリ開発人材育成コース」を開発

最も合理的なのは、業務をよく知る内部人材がDXを推進すること

高品質な研修をお求めやすい価格で提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)と100%子会社の株式会社インソースデジタルアカデミー(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 杉山晋一、以下「IDA」)はこの度、「初心者向けDX人材育成プラン」のうちの1つ、「WEBアプリ開発人材育成コース」を開発し、カリキュラムを公開いたしましたので、お知らせします。

■「WEBアプリ開発人材育成コース」のポイント
DX推進には、システム化を念頭におきつつ、現場業務を細かく把握・分析できる人材が必要となります。そのため、外部ではなく、業務をよく知る内部人材が「システムの仕組みが分かる人・作れる人」になるのが、最も合理的です。
本コースでは、「現場の社員がシステムの仕組みを知り、シンプルなシステムであれば作れるようになること」を習得目標としています。

サービス名称 WEBアプリ開発人材育成コース
概要 1.DXとは何か、ITを活用した業務効率化の流れを理解
2.自社システムの作り方を習得
「競争上の優位性の確立」に不可欠な自社システム開発のため、架空業務を題材に、プロトタイプ作成⇒画面開発⇒データベース開発⇒業務システム開発の工程を疑似体験
3.総合演習を通じてスキルを定着化
※本コースでは、AI開発の標準言語であるとともに、初心者でも習得しやすく応用範囲が広いプログラミング言語として最近注目されているPython(パイソン)を扱います。
開催期間・日程 全5テーマ、12日間
2020年11月2日(月)~2020年11月18日(水)
2021年4月12日(月)~2021年4月27日(火)
※20年冬以降も日程追加予定
開催形式 オンライン
価格 1名様 408,700円(税込)/ スマートパックポイント数1,580pt
お申込方法 Webページよりお申込みください

当社では、世の中の流れを汲み取り、今必要なサービスをいち早く開発してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せフォームへ