insource

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

WEB(ウェブ)アプリ開発人材育成コース

【公開講座】WEBアプリ開発人材育成コース~AIなしでできる業務自動化はたくさんある!

コロナ禍を経て、あらゆるオンラインサービスが普及し、DX(デジタルトランスフォーメーション)が一気に加速してきています。いまや、DX推進は経営課題の一つとも言えるようになってきました。

これまではITといえばシステム部門の仕事でした。これからはITはあらゆるビジネスパーソンの仕事であり、学ぶ必要があります。

自社の事業を知り、その課題や可能性を知っている人材がIT知識を身につければ、DXはスピード感をもって進めることができます。つまり、内部人材のIT人材化こそが、DXの鍵となるのです。

WEBアプリ開発人材育成コース3つのポイント

1.DX推進に最も必要な人材は「システムの仕組みが分かる人・作れる人」

自社のDXを推進するうえで、造詣の深い人材を推進部門長に登用することももちろん重要ですが、最も必要でありながら最も不足するのは「システムの仕組みが分かっている人」「システムが作れる人」です。

システム化を進めるうえでは、現場業務を細かく分析するのが大前提であり、現場業務に沿った形でシステムの要件を決め、現場業務に合ったシステムを選定・開発する必要があります。しかし、新たに採用された推進部門長が、様々な部門の現場業務を細かく把握・分析することは現実的ではありません。そこで、システム化を念頭に置きつつ、各部門の現場業務を細かく把握・分析することができる人材が必要になります。

2.自社人材が「システムの仕組みが分かる人・作れる人」になるのが最も合理的

システムベンダーに開発を依頼する場合を考えると、システムベンダーの社員は社外の人間である以上、自社の現場業務を細かく把握・分析することは容易ではありません。

逆に、自社の現場業務を細かく把握しているのは、他ならぬ自社の社員です。現場業務を日々遂行しているため、他の誰よりも、現場業務のコツや問題点を熟知しています。

3.WEBアプリ開発人材育成コースの目的は「自社最適なシステムが作れるようになること

WEBアプリ開発人材育成コースでは、現場の社員がシステムの仕組みを知り、シンプルなシステムであれば作れるようになることを習得目標としています。

DXの定義にもある「競争上の優位」を確立するためには、業務システムをどれだけ自社に最適化できるかがポイントとなります。本コースで学んだ内容を足がかりとして、自社業務・サービスの効率化・高度化につなげていただけるはずです。

なお本コースでは、初心者でも扱いやすく応用範囲が広いプログラミング言語として最近注目されているPython(パイソン)を学ぶことができます。

プログラムの概要

■参加者
WEBアプリを作って自社・自部署でのDX化を目指す方。とくに、人事、マーケティング、営業、製造など多様な職種の方が対象となっています。

まとまった研修期間となるため、時間のご都合がつきやすい新人・若手社員の方、業務閑散期の方にはとくにおすすめです。

■開催期間
全5テーマ、12日間

■開催時間
1日あたり5時間45分(10:00~16:45)
※4月開催分のみ、1日あたり7時間(9:00~17:00)

■開催会場
原則、オンライン開催となります。
※お客様のご要望がございましたら、来場型と組み合わせた、ハイブリッド型での研修も予定しております。
ぜひご相談ください。

研修プログラムの流れ

1.DXの基本となる、ITを活用した業務効率化の流れを学んでいただきます。

ITを活用した業務効率化・DXの高度化は、「現状の業務フロー整理⇒業務改善⇒ITツールを活用して改善⇒自社システムを開発して改善」という流れで進めていきます。

矢印

2.自社システムの作り方を学んでいただきます

「競争上の優位性」の確立に不可欠な、自社システムの作り方を、架空の業務システムを作りながら学びます。
(1)画面設計 ⇒ (2)画面開発 ⇒ (3)データベース開発 ⇒ (4)業務アプリケーション開発(Python)

矢印

3.総合演習を通じて知識の定着を図ります

実際にシンプルな業務システムを開発していただきます。

参加費

408,700円(税込)
人財育成スマートパックご利用の場合、1,580ポイント

スケジュール・お申込み方法

◆まとめ申込みご希望の方はこちら

開催月 開催日 まとめお申込み
2021年10月 2021年10月11日(月)~2021年10月26日(火) お申込みボタン

◆個別のお申込みご希望の方はこちら

研修名 個別のお申込み
DXとは何か、ITを活用した業務効率化の流れを習得する
システム・IT理解研修
お申込みボタン
システムが動いているかのようなプロトタイプを作って要件の的確な表現方法を習得する
プロトタイピング研修~Adobe XDによるシステム画面設計編
お申込みボタン
HTML・CSSを使ってWEBページの画面を開発できるようになる
HTML/CSS基礎研修(2日間)
お申込みボタン
WEBアプリケーションに必要なデータの蓄積・抽出方法を習得する
データベース基礎研修(2日間)
お申込みボタン
AI開発の標準言語「Python」の基礎スキルを身につけて業務システムが作れるようになる
(プログラミング初心者向け)Python基礎・応用研修(6日間)
お申込みボタン

WEBinsourceからもお申込みいただけます。

WEBinsource

※本サービスのご利用には、当社かんたん研修お申込みシステム「WEBinsource」へのご登録(無料)が必要です。

企画担当者の声

現在、DXが大きな注目を集めていますが、社内でどう進めればよいかお悩みのご担当者様は少なくないようです。

DXを進めるうえでの課題は多いですが、システムベンダーではない一般の事業会社にITやシステムに詳しい人材が少ないことが、大きな課題の1つと言えます。また、事業会社主導でシステム化を進めない限り、DXの実現が望めないこともまだあまり知られていません。

そこで、自社に最適化したシステムの作り方や、ITやシステムの仕組みについて、短期間で集中して学べる本コースを企画いたしました。

よくあるご質問

Q1.5テーマすべてではなく、1テーマだけでも参加できますか。

A1.可能です。各テーマの個別ページよりお申込みください。なお、途中のテーマからご参加の場合は、先行実施テーマの内容が前提知識となっているものがあります。前提知識をお持ちでない場合は、併せてお申込みいただくことを強く推奨いたします。

Q2.文系出身ですが、参加しても内容について行くことはできますか。

A2.文系出身の方やITエンジニアではない方がご受講いただくことを前提にカリキュラムを構成していますので、ご安心ください。なお、4月開催時には弊社の新人も参加を予定しています。

本コースの第1の目標は「システムの仕組みがどうなっているか」を理解できることです。仕組みの理解自体はさほど難しくはなく、また業務改善のために必要なシステムの機能を的確に示すことができるようになります。

Q3.新人ITエンジニアの参加も可能ですか。

A3.可能です。文系出身の方を対象としていますので、未経験の方も安心して受講いただくことができます。

Q4.プログラミング言語Pythonについて教えてください。

A4.初心者にもわかりやすく、また応用範囲が広いプログラミング言語として最近注目を浴びています。

文法が比較的わかりやすいうえに、第三者が開発した数多くの「プログラム部品」を再利用することができるので、効率よくプログラムを作成することができます。小学生向けプログラミング教室の教材に採用されるケースもあります。

また、AI開発の標準言語であるほか、Excelの自動処理プログラム、ラズベリーパイを使ったIoT(Internet of Things)システムや、WEBアプリケーション、スマホやPCのアプリケーションも開発することができます。

ITエンジニアとして合格しておきたい「基本情報技術者試験」にも採用されるなど、ITエンジニアからの注目も集めています。

Q5.他のPython関連コースとの違いを教えてください。

A5.本コースでは、AI(人工知能)については扱いません。業務を効率化するためには、AIを開発することよりも、人間が持っているナレッジをそのままプログラムに落とし込む方が確実で、完成までのめどが立てやすいです。その意味で、本コースは最も手堅いコースと言えます。

AI開発人材育成コースは、本コースの内容に「AIの仕組みや作り方」が追加されています。今後本格的に業務でAIを開発・活用したい方向けであり、アルゴリズム(=問題解決の手順)にまで踏み込んだ、やや発展的な内容となっています。

データ活用人材育成コースは、「システムの仕組みや作り方」「プログラミング」よりも、「AIの仕組みや作り方」や「業務の課題解決方法」にフォーカスした内容となっています。主に数値を日常的に扱う部門の方向けです。

関連コース

【公開講座】WEBアプリ開発人材育成コース
【公開講座】AI開発人材育成コース
【公開講座】データ活用人材育成コース
【公開講座】新人IT研修~Javaコース|新入社員のIT教育・開発実習
【公開講座】新人IT研修~PHPコース|新入社員のIT教育・開発実習
【公開講座】新人IT研修~C言語コース|新入社員のIT教育・開発実習



お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

フリーダイヤル0120-800-225

メールでの
お問合せ

公開講座 オンライン見学サービス
公開講座 WEBページの見方

お知らせ

ダウンロード

公開講座コンテンツ
(公開講座通信)DL

公開講座コースマップDL

年間スケジュール一覧DL

おすすめリンク

人財育成スマートパック CEO・CFOゼミ オンライン階層別研修 管理職研修 若手社員研修 女性活躍推進研修 デジタル人材養成講座 IT研修ラインナップ 職種別研修ラインナップ インソースの営業研修 個性派研修特集 KIYOラーニング 公開講座人気ランキング集 公開講座通信

申込者数人気ランキング

※直近1ヶ月

おすすめ動画研修

動画教材 OJTの進め方

動画教材 メンター

動画教材 リモートワークでのOJT