2020年11月27日 ニュースリリース

プロジェクトマネージャー向け「要件定義の仕様化技術向上」研修を開発

プロジェクトマネージャー向け「要件定義の仕様化技術向上」研修を開発

「プロジェクトマネジメントの極意シリーズ」のカリキュラムを拡充

2020年11月27日

年間9,618回(2019年10月~2020年9月)の公開講座を実施する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)と100%子会社の株式会社インソースデジタルアカデミー(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長 杉山晋一、以下「IDA」)はこの度、「システム開発のためのプロジェクトマネジメントの極意シリーズ」全5編のうちの1つ、「極意2:要件定義研修」を開発しカリキュラムを公開いたしましたので、お知らせします。

■「【極意シリーズ】要件定義研修~要件の変化と仕様化技術」のポイント
システム開発プロジェクトの成否は、最初の工程である「要件定義」がその9割を占めるといわれています。本カリキュラムでは、全体プロジェクトに大きな影響を与えるこの工程を成功させるために、特に重要な『ビジネスフロー(業務の流れ)』・『機能』・『データ』について深く理解いただきます。

<サービス概要>

サービス名称 「システム開発のためのプロジェクトマネジメントの極意シリーズ」
極意2:要件定義研修 ~要件の変化と仕様化技術
概要 1.コンピューターシステムへの期待の変化
2.SoR、SoEに対するシステム化要件把握の勘所
3.そしてSoⅠ
4.仕様化技術
5.システム化スコープ認識、システム化要件の3大要素
6.オブジェクト指向を適合した場合のUMLでの記述   など
想定顧客 ・初めてシステム開発のプロジェクトを管理・運営をする方
・実際にプロジェクトを実行している中で課題を感じている方
価格(税込) 1名様 44,000円/スマートパックポイント数 180pt
開催
スケジュール
2020年2月12日(金)  10:00~16:45
※随時日程追加予定です  
お申込方法 Webページよりお申し込み下さい
https://www.insource.co.jp/bup/bup-it-system-requirement.html  

本サービスの研修プログラム内容詳細(一例)は、こちらからご覧いただけます。
https://www.insource.co.jp/bup/system-project-management-series.html

当社では、世の中の流れを汲み取り、今必要なサービスをいち早く開発してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せフォームへ