loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

【極意シリーズ】要件定義研修~要件の変化と仕様化技術

【極意シリーズ】要件定義研修~要件の変化と仕様化技術

システムプロジェクト成功の鍵は、要件定義工程が9割を握る。その”神髄”を学ぶ

研修No.6120002

insourceデジタルアカデミー

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • 管理職層

・PM(プロジェクトマネジャー)の経験の浅い初心者から中堅、ベテランまで

よくあるお悩み・ニーズ

  • 要件定義書は何を書いたら良いのか分からない
  • 要件定義が中々取りまとめできない
  • SoR、SoE、SoIの違いが分からない
  • 仕様化技術を学びたい

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、要件定義工程を多角的に捉えた研修です。システム化要件把握の勘所をおさえ、的確な要件定義書の作成をできるようになっていただきます。

※本研修は「プロジェクトマネジメントの極意シリーズ」の研修です

到達目標goal

  • ①高い品質の要件定義書の作成ができる様になる
  • ②要件定義書作成を通じてプロジェクト全体が見通せる様になる
  • ③プロジェクト関係者(ユーザー部門等)と自信を持ってコミュニケーションできる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.本研修の位置づけ
    【ワーク】コンピューターシステムが果たしている役割について、現在感じている変化を整理する
    (1)システム開発工程における位置づけ
    (2)要件定義書の想定担当者
    (3)要件のレベルの考え方
    (4)要件定義工程の位置づけと設計工程の区切り
講義
ワーク
  • 2.近年のコンピューターシステムへの期待の変化
講義
  • 3.SoRに対するシステム化要件把握の勘所
    (1)コンピューターが得意な領域
    (2)要件定義の手順の大枠
    (3)SoRへのシステム化要件として検討すべき内容
    (4)「業務活動の効率化」の対象把握(現状調査・分析)
    【ワーク】用語集を作る
講義
ワーク
  • 4.SoEに対するシステム化要件把握の勘所
    (1)SoEのシステム化要件が...決められない
    (2)アジャイル型開発プロセスの登場
    【ワーク】成果物要件があいまいな場合の対応を考える
    (3)SoEへのシステム化要件として検討すべき内容
    【ワーク】成果物要件があいまいな場合の対応を考える
講義
ワーク
  • 5.そしてSoI
講義
  • 6.仕様化技術
    【ワーク】 仕様書作成に用いたことのあるダイアグラムを挙げる
講義
ワーク
  • 7.システム化スコープ認識
講義
  • 8.システム化要件の3大要素
    (1)業務の流れ(ビジネスプロセス)
    (2)機能
    (3)データ
    【ワーク】機能中心型とデータ中心型
    【ワーク】ERDの作成
    (4)設計工程との連携
講義
ワーク
  • 9.オブジェクト指向を適用した場合のUMLでの記述
    (1)システムと利用者の接点の明確化:ユースケース図
    (2)処理の順番を表す:アクティビティ図
    (3)対象システムの登場人物を表す:クラス図
    (4)クラス間のコール関係を表す:シークエンス図
    (5)クラスの状態を表す:状態遷移図
    【ワーク】状態遷移図の作成
    (6)設計工程への連携
講義
ワーク
  • 10.要件定義書の記述に際して
    (1)要件定義書に記載すべき項目
    (2)要件定義書の構成
    【ワーク】ERPパッケージを導入する場合
講義
ワーク

企画者コメントcomment

IT業界で、金融業・製造業など、経験豊かなベテランPMが、自らの経験を踏まえて、執筆・監修致しました実践的な研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年11月20日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討中の研修テーマで、日程がなくお困りの場合は「研修リクエストサービス」をご活用ください。ご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
58,332
開催数※1
8,445
講座数※2
2,859
WEBinsource
ご利用社数※2
13,492

※1 2019年10月~2020年9月

※2 2020年9月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修