「英語版でのストレスチェック受検」が日本語版と同じ料金で実施できるプラン

WEB、紙面いずれの場合でも、『日本語版』と『英語版』のストレスチェックの実施可能です。
運用にかかる面倒な事務作業もすべてお任せください!

CASE.01

英語受検の希望者を募るのは、面倒で時間が掛かりそう。

事前に英語受検者を決める必要はありません!受検者本人が受検時に言語選択が可能です。

本プランは、ストレスチェック機能と一括メール送信機能等を備えた「Leaf(リーフ)」の特徴を生かしたプランとなっています。
一斉にお送りする実施案内メール上で、日本語版と英語版のご案内がありますので、言語を選択して受検いただけます。 実施にかかるメール連絡等の事務業務はすべてインソースにお任せいただけます。
これまで「英語での受検を希望される方」を募ったり、人事情報から確認したりなど、手間をかけて受検者名簿を作成されていたご担当者様におすすめなプランです。

CASE.02

在宅やシフト勤務者も、一斉にストレスチェックを実施したい。

自宅でも職場でも。好きなタイミングで、ストレスチェックを受けられて便利!

インソースのストレスチェックは、インターネット環境があれば、職場や自宅のPCやタブレット、スマートフォンなどから、いつでもどこでもWEB受検が可能です。 「空いた時間に回答できる」ので、在宅勤務やシフト勤務など、多様な働き方をしている組織におすすめです。 また、紙面受検においても、マークシートで回答する「調査票」を受検者住所に郵送し受検いただけます。回答結果についても同様に、ご住所に郵送させていただきます。 その際お手間のかかる事務作業等についてはインソースが承ります。

CASE.03

異動、退職など情報の
更新作業が多く、手間がかかる。

手間いらず。「運用代行」付きだからインソースにすべてお任せいただけます。

入社や退職、異動などによって名簿情報を更新する機会が多くあるかと思います。受検する対象者の人数が多ければ、より面倒な作業が発生いたします。
インソースのストレスチェックでは、面倒な事務作業は全てインソースで対応いたします。 受検対象者の名簿があれば、そのあとのWEB環境の準備や受検者登録及び更新、メール送信から集団分析まですべてインソースにお任せください。 これまでも大手企業や厚生労働省、農林水産省など多数の実績がございます。
  気になる受検状況やストレス状況は、インソースから逐一ご連絡いたしますので手間のかかる設定や作業は不要です。 担当者のご負担を減らして、より簡単にストレスチェックを実施されてみてはいかがでしょうか。


基本サービスとの比較

外資系企業向けストレスチェックプランでポイントとなる部分を、
基本サービスとの比較でご紹介いたします。

基本プラン

外資系企業向けプラン

WEB受検
[日本語版]
紙面受検
[日本語版]
WEB受検
[英語版]
紙面受検
[英語版]
紙面自宅郵送

◆ こんなお客様におすすめ

外国籍の社員が多いが、産業医は日本人のため、英語で回答した結果の日本語版が欲しい

インソースのストレスチェックは、紙・WEB、日本語・英語問わず回答結果の全てデータで集約しております。そのため、英語で回答した結果の日本語版の結果も、ご要望を受け次第、すぐに作成可能です。同じレイアウトで、言語だけが異なる結果票を提供できますので、面接指導の際も共通の認識を持ちながら面接を行うことができます。

アンケートに限らず、全社員との連絡を取ること自体が手間で、ストレスチェックの運用が大変

ストレスチェックのWEB受検システム「Leaf(リーフ)」は、ご担当者さまが苦労する事務業務(受検者への案内や未受検者への回答督促、高ストレス者の抽出、面接指導対象者への連絡、面接申出状況の確認など)をクリックだけで簡単に行うことができます。メールの一括送信ができるところも、ご担当者さまの負担を減らす魅力的なポイントの一つです。

◆ プラン

通常のストレスチェック運用支援費用(基本プラン)

+

自宅郵送サービス

※英語版の受検環境(WEB)の用意、調査票等の作成も、通常料金で実施可能です。
※ご利用人数によって変動します。詳しくはお問合せ下さい。

ストレスチェック運用支援費用(基本プラン)料金表はこちら>