ストレスチェックのメリット

ストレスチェックの実績

  • 自治体
    官公庁実績
    No.1
  • ストレスチェック
    導入取引先
    207組織
  • 人数
    実績
    最大25,000

主要取引先

  • 経済産業省様
    13,000名
  • 外務省様
    7,000名
  • 北海道様
    17,000名
  • 大手商社T様
    25,000名
  • 鉄鋼系商社J様
    8,000名

管理職向け
職場改善プログラム

受検者向け職場改善プログラムはこちら

概要

ストレスチェックの分析結果にはいくつかの項目があります。それぞれの項目が何を示しているのか、漠然とはわかっていても、次の改善につなげられるように読まなければ、ストレスチェックの効果は小さくなってしまいます。 本プログラムでは、ストレスチェックの効果を最大化するために、集団分析と個人分析の両方の項目の読み解き方を学ぶことができます。受検者の方は、個人分析結果を読み解き、自分の今の状態を把握し、場合によってはストレス解消に取り組む必要があります。労働者のメンタル不調を防ぐためには、職場と個人、双方の改善が不可欠です。

プログラム内容

1.ストレスチェック制度の概要
・ストレスチェック実施の目的
メンタルヘルス不調者の現状 / 自らのストレスの状況について気付きを促す / メンタルヘルス不調を未然に防止する
2.組織全体の結果
・集団分析結果
総合健康リスクとは / 集団分析で見るべき箇所
・各項目の意味
仕事の量的負担 / 仕事のコントロール度 / 上司のサポート / 同僚のサポート
・サンプル組織全体結果と全国平均との比較
健康リスク / ストレスチェック平均点数
3.所属の結果を見て考える
・結果の見方
サンプル組織平均との比較
・弱み・改善ポイントの発見
【ワーク】所属の強みや弱みになっている項目について、理由・原因とともに書き出してください
4.職場環境改善のためのヒント集の活用
・職場環境改善のためのヒント集とは?
職場環境改善のためのヒント集と各項目との関係
5.改善事例から学ぶ、様々な改善方法
・仕事の量的負担改善編
環境を整える / 仕事の分担 / TQC / 勤務制度
・仕事のコントロール度改善編
3S(整理・整頓・清掃) / チャレンジ精神 / 教育や研修 / 教育とキャリアアップ
・職場のサポート改善編
コミュニケーションが発生するきっかけ / 部門横断プロジェクト / 思いやり
・自治体・公的機関での改善事例
マニュアルや対応資料の整備 / 情報の整理整頓 / 業務に必要な勉強会を実施
6.ヒント集を使った職場改善のプラン作成練習
・【ワーク】プラン作成
どの弱みを克服するのか / どういったアクションが適しているのか / いつまでにどのアクションをどのように誰がするのか
7.まとめ