2018年06月05日 ニュースリリース

2018年6月 インソース新作研修のお知らせ(2018年5月開発分)

2018年6月 インソース新作研修のお知らせ(2018年5月開発分)

イノベーション実現を目指すデザイン思考研修など、10分野27本の新作をリリース

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、5月に10分野計27本の新作研修をリリースしましたので、お知らせします。

◇「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」とは◇
当社は、お客さまのニーズを先取りする研修を最速で開発することをミッションとしております。5月は、社会的に関心の高まるテーマや、新たな切り口でビジネスに係る課題を解決するプログラムの開発に注力いたしました。

◇2018年6月 新作研修(2018年5月開発分)

新人・若手向け分野 7本 業種別分野 7本
営業分野 5本 評価分野 2本
働き方改革・生産性向上分野 1本 接遇・インバウンド関連分野 1本
キャリア分野 1本 企画力分野 1本
ハラスメント分野 1本 クレーム対応分野 1本

<ハラスメント分野>

これまでのマネジメントによる組織力向上は、パワハラを起こさないという観点が希薄でした。本研修の指す組織マネジメントでは、パワハラもマネジメント力不足と考えます。より高い視点から組織を見据えた「高次元マネジメント」の力をつければ、パワハラ問題の解決だけではなく、組織に高いパフォーマンスにつながります。 本研修では、上級管理職や役員のマネジメントスキルを向上させ、パワハラを誘発しない職場環境づくりをしつつ、高パフォーマンス体制構築を目指します。

<新人・若手向け分野>

鉄道事業者に扮し、都市開発を想定したビジネスゲームを行いながら、ロジカルシンキングや問題解決の手法を体得していただく研修です。長年、弊社のビジネスゲーム研修はご好評いただいておりましたが、新人・若手向けに、今回新たなラインナップが加わりました。ゲーム中に直面する困難や課題に対し、研修で得たフレームワークを使って解決方法を獲得する実践型プログラムです。

<企画力分野>

創業以来弊社のテキストは、事前アンケートを用いて受講者様のお悩みに沿ったものになるよう、常にカスタマイズしながら開発してまいりました。デザイン思考をベースとしたものづくりを実践してきたと自負しております。本研修では、「ユーザー視点」で多くのアイデアを洗い出し、実現するための考え方やプロセスを身に付けることを目標としています。

デザイン思考の「5つのプロセス(①ユーザー視点で考える②ターゲットを絞り込む③多くのアイデアを出す ④プロトタイプをつくる⑤テストする)」を実践することで、顧客のニーズにあったサービスをより短期間で実現していくことができます。デザイン思考のプロセスを、ケーススタディを通じて学んでいただくことで、 組織におけるイノベーション実現のための考え方を身につけることができる研修です。


その他「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」は、以下よりご覧ください。
■2018年6月(5月開発分)  新作研修


以上

本記事のPDFファイルは、こちらになります。

お問合せボタン