2019年01月16日 ニュースリリース

「ビジネス活用のためのRPA/WinActor®研修」など新作3研修を開発

「ビジネス活用のためのRPA/WinActor®研修」など新作3研修を開発

RPAで定型業務の効率化を目指す!
プログラミング的思考力の強化につながる研修を含む新作ラインナップ

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)はこの度、RPA関連の新作研修を開発しましたので、お知らせします。

RPA(Robotic Process Automation)とは、ルールエンジン・機械学習・人工知能などを活用し、PCを使った事務業務を効率化・自動化する仕組みです。RPAによる業務の自動化は、人手不足解消の有効な手段である一方、「定型業務の効率化をするためRPAを導入したが、うまく使いこなせていない」といったお悩みを多く伺います。

RPAを使いこなすためには、高度なシステムやプログラミングの知識よりも、現場の業務をよく知る方が業務フローを整理し、何をRPAで行うか適切に判断することが重要です。当社ではRPA導入に向け、システム部門の方だけでなく、事務業務の多い管理部門の方にもご受講いただける研修を新たに開発いたしました。RPAだけでなく、プログラミング的思考力の強化につながる研修を含むラインナップです。

<定型業務の効率化をサポートするインソースのRPA関連研修(新作3本)>

■ビジネス活用のためのRPA研修/WinActor®研修

▼対象者
    ・導入してみたいが、何から手をつけてよいか分からない方
    ・とりあえず何ができるかを学習しつつ、RPAツールのデモンストレーションを見てみたい方

▼ビジネス活用のためのRPA研修/WinActor®研修 のポイント
    ①RPAの導入に必要な基礎知識や費用と効果について、活用事例とともに学ぶ
    ②自組織における、RPAを導入すべき業務を考える
    ③ビジネス現場でのRPA活用について計画を策定する

※「WinActor®」はNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

■業務削減研修~自動化(RPA)に向けて業務フローを見直す

▼対象者
    ・全社、部門の業務を整理し、業務フローに落とし込みたい方
    ・SEやプログラマーではないが、自動化(RPA)を見越した業務整理をしたい方

▼業務削減研修~自動化(RPA)に向けて業務フローを見直す のポイント
    ①業務時間削減の観点から、業務の改善手法を学ぶ
    ②自動化(RPA)による改善において必要な視点を学ぶ
    ③自動化(RPA)を見越した業務フローの作成を実践する

■プログラミング的思考力強化研修~Scratch言語を活用して業務フローを学ぶ

▼対象者
    ・今までプログラムを触ったことがないが、プログラミング的思考力を身に付けたい方
    ・社内でRPAの推進担当となり、業務フロー作成のスキルを身につけたい方

▼プログラミング的思考力強化研修~Scratch言語を活用して業務フローを学ぶ のポイント
    ①Scratch言語を用いて、プログラミング的思考の基本を習得する
    ②実際にPCを用いてプログラムを組む
    ③プログラミング的思考をビジネスでの現場活用につなげる

当社では今後とも、人材育成と業績向上をトータルにサポートするサービスを開発してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せボタン