loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

業務削減研修~自動化(RPA)に向けて業務フローを見直す

業務削減研修~自動化(RPA)に向けて業務フローを見直す

RPAが得意なこと・苦手なことを理解し、自部署の業務を「RPAなどの自動化」で削減する手順とスキルを学ぶ

研修No.6990003

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 中堅層
  • 管理職層

・自部署にRPAを導入したいが、業務が整理されていなく、うまくいかない方
・RPAによる改善を問わず、まずは業務の整理をして削減を考えるところから始めたい方
・業務改善の担当者になったが、業務フロー作成がうまくいかない方
・今までシステム担当者でなかったが、RPAをまとめる担当者になり、知識やスキルが必要な方

よくあるお悩み・ニーズ

  • RPAを導入したいが、自部署のどこに導入ができるのか、どこから手を付ければ良いか分からない
  • RPAは全て外注をするとコストが高くなるので、自部署の業務整理までは自社内でやりたい
  • 業務改善をとりまとめる担当者になったが、RPAの理解と業務フロー作成のスキルが足りない
  • RPAは浸透してきたが、現場の人にもっと要件定義をできるようになってもらわないと改善が進まない

研修内容・特徴outline・feature

近年、働き方改革を実現するために、各企業では様々な業務改善が行われています。特にPC作業や定型業務が多い現場では、業務の自動化が増えています。また、昨今ではRPAなどの便利なツールが増えており、IT部門に限らずあらゆる業界・業種の業務にも、「自動化」による業務時間の削減が行なわれております。

本研修では、業務時間削減の観点から「どのような課題を解決すればよいか」「課題をどのように整理すればよいか」を学び、業務の洗い出しを行ないます。そのうえで、「洗い出した業務を実際に業務フローとして整理」し、「RPAなどの自動化による改善につなげるためには何が必要なのか」も合わせて学んでいただいた後、実際に業務フローを作成していただきます。

到達目標goal

  • ①自部署の業務において何がRPA化に向いているか、向いていないかの整理ができる
  • ②RPA化を見越した業務フローの作成ができるようになる
  • ③RPA化をするために必要な業務の見直し・削減について、業務に落とし込んで理解ができる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.今の時代に求められる業務削減とは
    【ワーク】業務改善における自社の取り組みを共有
    (1)働き方改革時代に求められる業務のあり方
    (2)効率化の選択肢としての自動化(RPA)
講義
ワーク
  • 2.まずRPAができることを知る
    (1)RPAについて       (2)RPAの活用事例の紹介
    (3)従来のシステム化との違い  (4)AIとの違い
    (5)RPAにできること、向いていること
講義
ワーク
  • 3.自動化(RPA)を見越した仕事の見える化
    (1)自部署の業務を洗い出す
    (2)作業の単調さと総作業時間の2軸で整理する
    【ワーク】自部署のルーティーン業務を洗い出す
    【ワーク】作業の単調さと総作業時間の2軸で整理する
    (3)総作業時間が多く、作業が単調な仕事
    (4)総作業時間が少なく、作業が単調な仕事
    (5)総作業時間が多く、作業が単調でない仕事
    (6)総作業時間が少なく、作業が単調でない仕事
講義
  • 4.RPA化に向けて業務フローを作成する理由
    【ワーク】業務フロー図を作成するメリットを考える
    (1)業務フローを作成する意味とは
    (2)業務の可視化によるメリット
講義
ワーク
  • 5.フローチャートのしくみ
    (1)業務フローを構成する要素  (2)記号とその意味
    (3)流れのパターン       (4)作成上の約束
講義
ワーク
  • 6.実際の業務のフロー図を作成する
    【ワーク】自部署の業務をフロー図として整理してみる
講義
ワーク
  • 7.実際の業務をPC作業レベルで分解する
    【ワーク】RPA化を想定しPC作業レベルで業務を分解する
講義
ワーク
  • 8.RPA化を見越した業務フローの改善
    (1)業務フロー検証の視点
    (2)業務フロー改善の着眼点
    【参考】業務を体系的に整理するマニュアル化
講義
ワーク
  • 9.まとめ
講義
ワーク

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

92.2%

講師:大変良かった・良かった

94.1%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年3月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 担当者まかせの業務を、業務フロー作成→共有を手始めに業務改善につなげたい。
  • PRAの特徴が学べたことが良かったです。業務フローの作成を実際にワークで取り組んだことで可視化を分かりやすく行うためのポイントが学べました。RPA導入の際には手順(業務フロー)の見直しをセットにしたいと思います。
  • 作業量の多いものから中心に、プロセスも確認し、RPAを含め、自動化に向けて取り組みを行っていきたいと思った。
  • 他社事例を伺い、自社の対応が遅れていることを改めて確認しました。説得の材料に使いたいと思います。

実施、実施対象
2020年2月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
85.7%
参加者の声
  • 前提となる業務の適正化・RPAの前提について理解できた。業務フローの書き方について、改めて重要性を確認できた。
  • 業務フロー図の必要性を理解できたので、業務フロー図が作成されていない業務は作成し、まずは業務の見える化を図りたい。
  • RPAについては一般的な知識しかなかったが、RPA化とならなかったとしても、業務効率を考えるヒントが見つかった。
  • 仕事の流れを共有できるように、業務を「見える化」を実現していきたいです。非効率的な業務プロセスを発見し、無駄な業務を少なくしていきたいです。
  • 個人が作成したACCESSデータベースなどで、属人化している単純明確な作業から、RPA化できる業務は活用できるよう取り組んでいきたい。

実施、実施対象
2020年1月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務フローの作成や、RPAに向いている業務の見分け方、改善や削減できる業務がないかを常に意識することを実践していきたいです。
  • まずは仕事の見える化を、「作業の明確さ」「総作業時間」の2軸で考える。RPA化を検討する一方で、属人化の排除にも取り組む。
  • ふだん何気なく行っているルーティンワークを業務フロー図に落とし込むことで無駄を発見し、RPA化できるものがあればそうしていけるようにしたい。
  • 今までぼんやりとしていた業務改善やRPA化の流れが具体的にイメージできたので、会社に戻って学んだことを業務に活かしたいと感じた。

実施、実施対象
2019年11月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 全てを自動化(RPA)するという概念ではなく、複雑な業務の一部を自動化(RPA)することで業務効率化するということを進めていきたいと思いました。業務フローの見直しを図ることが第一だと思いました。
  • 常に既存のフロー、ツール、考え方を見直す柔軟さを持つことが重要だと思いました。そのうえで、付随して全体像を捉え、新しい技術に目を向けて検証してみる必要性を感じました。
  • 自身の業務について、これまでの前例や思い込みを廃して、業務効率化に取り組んでいきたい。
  • 自動化(RPA)する前に業務フローを作成し、効率化や業務の見直しに活かしていく。
  • 自動化(RPA)に適した業務はもちろん、そうでない業務についても部分的に自動化(RPA)・フローの見直しによる単純化など、更に効率化の手がかりがあることを念頭に置いて「複雑だから」とあきらめない姿勢を保ちたいと考えています。

実施、実施対象
2019年8月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務体制の最適化を図っていく中で、業務フロー・マニュアル作成を検討しているが、特に業務フローを改めて見直しを図り、ムダやムリを可視化することを実行していきたいと思います。
  • ここを自動化したいなを思うことがあっても、方法や手段がわからなかったので今日の研修は為になりました。続けてRPAや業務改善について考えていきたいです。
  • RPA化を導入ないし実現できる業務を洗い出して業務効率化を図る。RPA化できなくても業務フロー図を作成し、業務の「ムダ」を見つける。

実施、実施対象
2019年7月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
93.8%
参加者の声
  • 業務の分析の重要性を理解できたため、ツールへの置き換えにせず、業務の最適化を目指そうと思いました。
  • PRAに向け、現業務の洗い出し(見直し)をする良い機会になりました。普段何気なくしていることも「ムリ・ムダ」をなくしていきたいと思います。
  • 自部門メンバーに「自動化を見越した仕事の見える化」に向けて業務を振り返ってもらう機会をつくりたい、と思いました。
  • RPAを進めるにあたり、業務フローの細分化が大切だとわかった。また、業務フローで「ムダ・ムラ・ムリ」を見直し、対応してから実行していこうと思った。
  • 実際にシステム化する場合にエンドユーザーはどのようなことで困っているのか、またフロー図作成時にもどのようなことに注意すべきかなど、上流工程時に活かせそうです。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
92.2
講師がとても良い・良い
94.1

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修