loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

プログラミング的思考力強化研修~スクラッチ(Scratch)言語を使ったアルゴリズム入門

プログラミング的思考力強化研修~スクラッチ(Scratch)言語を使ったアルゴリズム入門

実践重視のプログラムで「わかる」を「できる」に!

研修No.6990004

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

・現場で業務をシステムフローとして整備することになったが、ハードルが高いと感じている方
・文系で今までプログラムを触ったことがないが、プログラミング的思考力を身に付けたい方
・ロジカルシンキングを学んだ後、レベルアップとしてプログラミング的思考力を身に付けたい方
・社内でRPA(Robotic Process Automation)の推進担当となり、フロー作成のスキルを身に付けたい方

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、今までシステムに携わっていなかった方々を対象に、プログラミング的思考の基本を習得いただき、ビジネスの現場で活用いただくための研修です。
近年、AIの急速な普及とIT人材の不足により、今までSEやプログラマーでなかった方々も、システム化、要件定義などに携わり、社内のIT化を推進することが増えてきています。また、2020年より小学校でプログラミング教育が必修化されることにより、さらにその動きが加速されていくことが、目に見えて進んでいる現状があります。

本研修では、小学校のプログラミング教育で使用される「スクラッチ(Scratch)言語」を用いて、プログラミング的思考の基本を習得することを目的としています。スクラッチ(Scratch)とは、アメリカのマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボで開発された、教育用のプログラミングツールです。「論理的思考」や「問題解決能力」の強化にもつながり、IT化の推進に限らず、プログラムを実際に使わないビジネスパーソンにもおすすめの言語となっております。

※本研修は、PCを用いて実際にスクラッチ(Scratch)言語を使ってプログラムを組んでいただきます。
※Scratchを通じてプログラミング的思考を学ぶための研修です。Scratchを学ぶことには主眼を置いておりません。

*この研修ではPCを使用します*
研修会場にノートPCをご用意をしております
(持ち込んだPCのご利用はできません)

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.アルゴリズムの基本
    (1)アルゴリズムとは
    (2)アルゴリズムとプログラムの関係
    (3)よいアルゴリズムとは
    (4)アルゴリズムの条件~正しい結果が得られる・必ず終わる
    (5)アルゴリズムの3つの基本形~順次・選択・反復
    (6)流れ図の書き方、疑似言語
講義
ワーク
  • 2.スクラッチ(Scratch)でできること
    (1)スクラッチ(Scratch)とは
    (2)スクラッチ(Scratch)でできること、できないこと
講義
  • 3.プログラミングの流れをつかむ
    PCを用いて実際にスクラッチ(Scratch)を触ってみる
    (1)スクラッチ(Scratch)の基本的な操作
    (2)プログラミングの流れ
    (3)各種パラメーターの追加と変更
講義
実践
  • 4.プログラミング的思考の習得①
    プログラミング的思考の基本をスクラッチ(Scratch)を使って学ぶ
    (1)変数と配列、代入を学ぶ  (2)条件分岐、繰り返しを学ぶ
    (3)自作関数を学ぶ
講義
実践
  • 5.プログラミング的思考の習得②
    アルゴリズムの基本をスクラッチ(Scratch)を使って学ぶ
    (1)探索を学ぶ  (2)並び替えを学ぶ
    (3)作成したプログラムを改良する
講義
実践
  • 6.プログラミング的思考のビジネスへの活用
    (1)スクラッチ(Scratch)とビジネス現場のフローの違い
    (2)スクラッチ(Scratch)とRPA(自動化による業務改善)
講義
  • 7.まとめ
    ※1日間で学んだことを復習する
実践

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

86.4%

講師:大変良かった・良かった

89.4%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年2月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
83.3%
講師:大変良かった・良かった
83.3%
参加者の声
  • 手順書を作る際に、可読性を意識して作成しようと思います。自分の思い込みではなく、正確な順序を示すことがプログラミングだけではなく、業務に必要であると認識しました。
  • 今日学んだ基礎を活かして、資料の設問に取り組み、自身でScratchでのプログラミング(アルゴリズム作成)ができるようになれば、自社の開発者(エンジニア)と話をする場面やその他の業務で活かせるようになると感じた。
  • 営業系なのでなかなかプログラミング的思考は難しかったのですが、順を追って教えて下さり理解することができました。
  • 企画職がプログラマーと話すときに、話がかみ合わないことも多かったのですが、その理由が分かりました。
  • シナリオ作成する業務の仕様を考える際に、本日学んだ事を活用していきたい。特に停止性はあまり考えた事がなかったので注意していこうと思った。

実施、実施対象
2020年1月     11名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
54.5%
講師:大変良かった・良かった
81.8%
参加者の声
  • プログラミングの基礎となる流れを理解することができました。業務を行う上での考え方に活かしていきたいです。
  • 思考の仕方を改めて学ぶことができたので、現場でもその観点で思考していきたい。また、UiPathの構築に役立てていきたい。
  • 仕組みを理解することができました。何かツール等を作る際の考え方やRPA化の業務に活かしていきたいです。
  • 思考力を身に付けることができました。UiPathの実働に活かしていきたいと思います。
  • 作業工程の考え方、組み立て方を本日の研修で学ぶことができた。アルゴリズムの考え方でRPAに活かしていきたい。

実施、実施対象
2020年1月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
85.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • プログラミングの考え方を学べたので、ルーティンワークで活用できるところを見つけたいです。
  • これから実施する予定のRPAのシナリオ作成の際に学んだことを役立てたいと思います。
  • 日々の業務をプログラミング的思考で考えてみると、RPA化できることが見つかるのではと思った。
  • プログラミング的思考を活かして、RPAの提案につなげたい。
  • アルゴリズムの手順について理解を深めることができました。自分でも演習を引き続きやってみようと思います。

実施、実施対象
2019年10月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
75%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • プログラミングの練習を通じて、論理的思考のくせが身についたと思う。柔軟な発想と合わさって、ようやく業務に使えると思うので、今後も努力したい。
  • 初めて学ぶ言語でしたが、実技が多くとても勉強になりました。RPA作成に向けて、良い意識づけができました。
  • RPAを推進させていくうえで、アルゴリズムの理解がとても大事だと感じた。
  • 分かりやすさが大事だと感じました。ただRPAを作るのではなく、誰でもメンテナンスで帰すことが重要であることを学びました。
  • RPAを学んでいく前提の考え方をこの研修で学べたので、この学びを元にさまざまな業務改善へつなげて成果を残したい。

実施、実施対象
2019年9月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • スクラッチの操作でプログラムのポイント、アルゴリズムの多くを学ぶことができました。
  • ルーチンワーク(月次の損益数値集計等)をUipassを活用して効率化したい。
  • とても分かりやすい講座だったと思います。DX-RPAの導入・促進に向けての基礎知識を取得することができました。この基礎知識をベースに社内のRPA化に取り組んでいきたいと思います。

実施、実施対象
2019年8月     10名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
70%
講師:大変良かった・良かった
70%
参加者の声
  • 比較的に理解できていることが分かったので、自信をもってどんどん活用したいと思います。
  • プログラム的思考がとてもわかりやすかった。
  • RPA化する際の考え方の参考にしたい。

お電話でのお問合せ0120-800-225

メールでのお問合せ お問い合わせフォームへ

タイミングが合えば1名様からでも格安で受けたい研修が受けられる研修リクエストを受付中!

※研修リクエストの詳細は
こちら

TEL:03-5259-0071

FAX:03-5259-0077

お問い合わせフォームへ

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
86.4
講師がとても良い・良い
89.4

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修