2019年06月10日 ニュースリリース

2019年6月 インソース新作コンテンツのお知らせ(2019年5月開発分)

2019年6月 インソース新作コンテンツのお知らせ(2019年5月開発分)

CX向上、アサーティブコミュニケーションなど14分野27本の新作研修をリリース

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、2019年5月に新作研修を14分野計27本リリースしましたので、お知らせします。

◇2019年6月 新作研修(2019年5月開発分)計27本

マネジメント 4本 新人・若手社員向け 2本
プレイングマネージャー、属人化防止 giraffe付き主体性発揮、もしも社長になったら
接遇・インバウンド関連 3本 ビジネス文書 1本
CX向上、カラートレーニング ワンペーパー資料作成
女性活躍推進 3本 業務改善 1本
女性管理職向けキャリア 人員不足を乗り越える
リスクマネジメント 3本 マーケティング 1本
再発防止徹底 顧客インサイト発掘
コミュニケーション 2本 研修担当者向け 1本
リーダー向けアサーティブコミュニケーション 研修設計入門
部下指導・OJT関連 2本 営業 1本
役員・部長向けOJT、OJTフォローアップ 職種転換者向け営業基礎
メンター 2本 プレゼンテーション 1本
アセスメントツールgiraffe付き ストーリーで語る力強化

◇2019年6月 新作eラーニング(2019年5月開発分)計2本

コンプライアンス 2本
個人情報保護、内部統制

<接遇・インバウンド関連>接客・接遇リーダー研修~顧客視点でCX(カスタマー・エクスペリエンス)向上を図る
顧客視点の重要性が高まる中でCX向上を目指す企業も増えています。CXとは、「顧客が商品を選び、購入し、利用するまでに顧客が体験する価値」を指します。本研修では、自社の顧客を想定した「顧客思考マップ」を作成することで、顧客一人ひとりの商品購入の流れや感情を把握していただきます。CSではなく、CXという観点から接客力を高めたい方におすすめの研修です。

■接客・接遇リーダー研修~顧客視点でCX向上を図る

▼接客・接遇リーダー研修~顧客視点でCX向上を図る のポイント
①顧客思考マップ作成のポイントを4つのステップで学ぶ
②CX向上の重要性を理解し、自社の顧客のCXを向上させるためにはどうするべきか考える

<コミュニケーション>リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修
リーダーには、相手を尊重しながらも、言いにくいことを伝える場面が多くあります。本研修では、様々な関係者に対して、よい関係を保ちながら自分の意見を伝えるためのアサーティブなコミュニケーションスキルを学びます。イマドキ世代への依頼、年上のメンバーへの注意、他部署のリーダーとの交渉など、困難な場面でのコミュニケーションによる打開策を習得します。

■リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修

▼リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修 のポイント
①依頼、注意、提案、交渉といった、難しいコミュニケーションの場面での打開策を獲得する
②ストレスを溜めず、相手と良好な関係を築きながら、意見を伝える方法を学ぶ

<営業>職種転換者向け営業基礎研修~他職種から営業へのキャリアチェンジ編
人員不足解消や管理部門の削減といった企業戦略を受け、営業職に職種転換をする方が増えています。一方で、営業職への職種転換に不安を抱える方が多いのも事実です。本研修では、営業職への挑戦に向けて、不安を解消し、基礎を確認することで、信頼される営業になるための第一歩を踏み出していただきます。

■職種転換者向け営業基礎研修~他職種から営業へのキャリアチェンジ編

▼職種転換者向け営業基礎研修 のポイント
①営業職の魅力を理解し、職種転換を前向きにとらえる
②営業担当者の基本動作やマナー、商談の流れを実践演習で習得する

<ミテモの新作eラーニング>

■個人情報保護講座(法改正対応版)
企業が個人情報などの重要情報を保護することは、コンプライアンス・セキュリティの観点から非常に重要です。本講座では、マイナンバー制度などの改正の内容を踏まえながら、個人情報とはなにか、取り扱い方、漏えいを防ぐ方法について解説しています。


■内部統制講座
内部統制は、社会的背景や会社法、JSOX法などの法的背景により多くの企業から重視されています。本講座では、内部統制を目的や背景から解説する他、ルール策定やリスク回避のポイントを具体的に見ていきます。


その他、「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」は、以下よりご覧ください。
■2019年6月(2019年5月開発分)新作研修 14分野計27本

当社では、お客さまのニーズを先取りする研修を今後ともいち早く開発してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せボタン