loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修

リーダーのためのアサーティブコミュニケーション研修

他者とよい関係を保ちながら意見を伝えるノウハウを、リーダーが直面する場面ごとに学びます

研修No.5200304

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

多様なステークホルダーと日々コミュニケーションをとるリーダーの皆さま

よくあるお悩み・ニーズ

  • 言いたいこと、言いにくいことを上手く伝えられない
  • 上司・後輩・他部署との板ばさみになっている
  • 良い関係を保ちながら、意見や断り、指摘を伝える方法を知りたい

研修内容・特徴outline・feature

リーダーの皆様には、相手を尊重しながらも、言いにくいことや言わなくてはならないことを伝える場面が多くあります。本研修は、上司やメンバー、他部署など、リーダーを取り巻く様々な関係者に対して、よい関係を保ちながら主張をするためのアサーティブなコミュニケーションスキルを学ぶ研修です。アサーティブコミュニケーションのスキルをベースに、イマドキ世代への依頼、年上のメンバーへの注意、気難しい上司への提案、他部署のリーダーとの交渉など、リーダーが直面する困難な場面でのコミュニケーションによる打開策を学びます。

到達目標goal

  • ①アサーティブコミュニケーションの基本を理解し、活用できるようになる
  • ②リーダーが直面する依頼、注意、提案、交渉といった、難しいコミュニケーションの場面での打開策を獲得する
  • ③ストレスを溜めず、相手と良好な関係を築きながら、意見を伝える方法を学ぶ

研修プログラム例program

内容 手法
  • 1.アサーティブであるとは?
    【事例検討】こんな場合どうする?
    (1)アサーティブとは ~自分も相手も大切にする自己表現
    (2)考え方と行動のパターン
     ①非主張的 ②攻撃的 ③作為的 ④アサーティブ
    (3)アサーティブの4つの柱
     ①誠実 ②率直 ③対等 ④自己責任
    (4)アサーティブの障害となる思考
    【参考】変えるべき思考を知る ~思考のクセ
講義
ワーク
  • 2.リーダーにとって「アサーティブ」が必要な場面とは
    【ワーク】リーダーがアサーティブであることによってどんないいことがあるのか、チーム・組織にとって、自身にとって、のそれぞれで考える
    (1)リーダーに求められる役割とは
    (2)"他者とよい関係を保ちながら主張する"のがアサーティブなリーダー
講義
ワーク
  • 3.アサーティブコミュニケーションの4ステップ
    (1)観察を通して、状況を客観的に伝える ~描写(Describe)
    (2)相手の話を受けとめる。相手の言葉に反応を示す ~表現(Express)
    (3)自分の考えを伝える。Ⅰメッセージの活用 ~提案(Specify)
    (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す ~選択(Choose)
    (5)アサーティブコミュニケーションを、困難な場面に応用する
講義
  • 4.アサーティブなリーダーの依頼の仕方
    (1)アサーティブな依頼の基本ステップ
    (2)ポイントは「長所の描写」と「期待の伝え方」
    (3)実践!イマドキ世代に依頼する
    【ケーススタディ】受け身で担当範囲外の仕事を決してやろうとしない新人に対し、アサーティブに依頼をする
講義
ワーク
  • 5.アサーティブなリーダーの注意の仕方
    (1)アサーティブな注意のステップ
    (2)ポイントは「敬意の表明」と「ともに導く解決策」
    (3)実践!年上のメンバーに注意する
    【ケーススタディ】異動してきたミスの多い年上の部下に注意する
講義
ワーク
  • 6.アサーティブなリーダーの説得の仕方
    (1)アサーティブな説得のステップ
    (2)ポイントは「覚悟・本気の表明」
    (3)実践!上司を説得する
    【ケーススタディ】保守的な上司に新企画の提案をする
講義
ワーク
  • 7.アサーティブなリーダーの交渉の仕方
    (1)アサーティブな交渉のステップ
    (2)ポイントは「共通項づくり」「賛同を導く提案」
    (3)他部署との交渉 ~互いの譲歩を引き出すためにアサーティブを活用する
講義
  • 8.まとめ

5927

企画者コメントcomment

本研修は、多様なステークホルダーの板ばさみになりがちなリーダー層にこそ、アサーティブコミュニケーションのスキルが必要だ、というお客さまのお声から開発しました。相手と良い関係を築きながら、意見を伝えるためのノウハウを、アサーティブコミュニケーションのスキルをベースに学んでいただきます。

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカの動作確認を完了して、研修開始までお待ちください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.2%

講師:大変良かった・良かった

97.3%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 新入社員の教育やお客様への対応など、明日から実践していきたいと思います。
  • 「Iメッセージ」を意識して、自分の思いを伝えていきたい。
  • 自分のコミュニケーションの癖が理解できた。今後はアサーティブなコミュニケーションを意識して、リーダーとして成長したい。

実施、実施対象
2020年2月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まずはコミュニケーションの「質」を向上させるための第一歩、部下たちへの「おはようございます」をしっかり実施していきたいと思います。そして必ずやアサーティブのできる「人」になろうと思います。
  • 職場で悩んでいたことの糸口が見えてきました。特に事実を伝えること、上司でも対応で良いこと、また自己責任を持つことで信頼関係のうえで仕事ができると知りました。とてもためになりました。
  • まずは相手の良いところ、感謝するところを見つけていきたい。また自分だけでなく、その意識を皆に広げていきたい。
  • 「対等」に話をするために活かしていきたいです。帰って資料を読み返します。

実施、実施対象
2020年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下の人材育成をスムーズに行えるように活かしていきたいです。自らも相手側が思うことがより理解できるように心がけたいです。
  • Iメッセージを活用し、自他ともに尊重しあえる職場づくりに貢献したいと思いました。
  • アサーティブコミュニケーションを業務、家庭でもどんどん実践していきます。傾聴、Iメッセージも勉強になりました。
  • 育成研修の一環として受講したのですが、指導者として丁寧に関わろうとしながらも、私の意向を押し付けたり、新人の不安等を受け止めてあげてないなと気づきました。お互いを尊重しあえる関係づくりが出来るよう学んだことを活かしたいです。
  • 相手との話し合いの中で、今日学んだことを使って自分をコントロールし、議論もコントロールできるようにして双方に裁量の結論を出したいです。

実施、実施対象
2020年1月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 交渉術に関して聞きごたえがありました。社内で実践します。
  • ワークで行った状況が現職場でもあるので、上司や後輩に進言・指導するときに活用していきます。また、今日の研修内容を日々見直して、自然にできるようにしたいと思います。
  • 相手の話をしっかり聞く「傾聴」を大切にしていこうと思います。そのうえで、自分が伝えたいことをしっかりと伝わるようにコミュニケーションをとっていこうと思います。
  • 相手に同調する、耳を傾けることが今まですくなかったと思います。正しいことをダイレクトに伝えるのではなく、歩み寄りながら進めていくようにすれば、今よりも少し上手にいくのかと思えました。

実施、実施対象
2019年12月     4名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 日ごろ困っていることがあったのですが、それを解決するためのヒントがたくさんありました。
  • 日々の会話で相手に関心をもって接して、相手を理解してコミュニケーションにつなげていきたいと思います。実例や会話が中心で、とても有意義な時間を持つことができました。
  • アサーティブにコミュニケーションを取ることによって、上司への提案や、新しいプロジェクトメンバーへの業務依頼をスムーズに行いたいと思います。
  • 新人のOJTや同年代~年上の人に仕事を依頼したり、教えることが多いのでその際に今日学んだノウハウを活かしていきたいと思います。

実施、実施対象
2019年8月     7名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 相手の受け取り方を考えずに、依頼や注意をしていたので、この研修で学んだことを少しずつ練習して、円滑なコミュニケーションを図りたいです。Iメッセージが特に練習・意識が必要だと感じました。
  • メンバーの監視ログのようなメモを取るところから始めます。また、相手の立場に立って意見の提案や、説得を試してみます。4つのSTEPも日々実施していきます。
  • マネジメントの在り方、業務の引き受け方、断り方について理解が深まりました。自己評価(考え方のクセ)は大変参考になりました。相手の立場を尊重して、物事をしっかりと伝えられるよう、取り組んでみたいと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
98.2
講師がとても良い・良い
97.3

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修