2018年11月06日 ニュースリリース

2018年11月 インソース新作研修のお知らせ(2018年10月開発分)

2018年11月 インソース新作研修のお知らせ(2018年10月開発分)

ビジネス実務講座など9分野26本の新作をリリース

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、10月に新作研修を9分野計26本リリースしましたので、お知らせします。

◇2018年11月 新作研修(2018年10月開発分)計26本

リカレント 14本 評価 1本
はじめてのオフィスワークシリーズなど 社内講師の評価の仕方
ダイバーシティ推進 3本 ヘルスマネジメント 1本
役職定年社員・シニア社員の活躍支援 惨事ストレスに対する備え
ハラスメント防止 2本 IT/OA 1本
2時間で学ぶパワハラ防止、セクハラ防止 モダンなWEBシステム開発
業種別 2本 プレゼンテーション 1本
食品業界向け記者会見における謝罪対応など 場面に応じたプレゼンテーション
リーダー向け 1本
目標達成に向けて他者を動かすリーダーになる

<ビジネス実務>17職種45研修のはじめてのオフィスワークシリーズ開講
オフィス実務のスキル獲得に特化した「ビジネス実務講座」を新たに開発いたしました。政府が進める「リカレント教育」を踏まえ、復職者・復職希望者、シニアを対象とするほか、はじめて実務に取り組む若手層など、多様な方々の活躍を「ビジネス実務講座」でご支援します。知識や業務手順の詰め込みではなく、会社の常識や仕事の基本も合わせてお伝えすることで、組織にとって即戦力となる人材育成を実現します。

【職種別講座 全31種】
データ入力研修、経理事務研修、営業事務研修、人事給与事務研修、人事採用事務研修、総務研修、受付業務研修、秘書研修、社内ヘルプデスク研修、編集・校正研修、広報・IR研修など、講座ごとにレベルが2~3段階に分かれています。

【スキル別講座 全14種】
はじめてのオフィスワーク研修(マナー・所作編/仕事の進め方編)、データ分析研修、コスト・利益の感覚を磨く研修など、講座ごとにレベルが2~3段階に分かれています。

■はじめてのデータ入力研修

▼はじめてのデータ入力研修 のポイント
①効率的にデータ入力を行うポイントを修得する
②入力データのチェックの仕方、データチェック業務の留意点を学ぶ
③ストレスの対処の仕方を学び、セルフコントロールの術を獲得する

■はじめての経理事務研修

▼はじめての経理事務研修 のポイント
①経理の仕事の全体像や心構えを学ぶ
②経理として知っておくべき日次・月次業務の基本知識を修得する
③仕訳や転記、伝票作成などのワークで実務スキルを磨く

■はじめての人事給与事務研修

▼はじめての人事給与事務研修 のポイント
①給与計算事務の意義を確認し、組織の視点で業務に臨む基本姿勢を学ぶ
②給与計算を行う初心者向けに、基礎知識から実務のポイントまで修得する
③知っておくべき法律や制度の知識を修得する

<ダイバーシティ>管理職研修~役職定年社員・シニア社員の活躍支援
定年延長や再雇用が進む中、役職定年を迎えた元上司が自身の部下になる"逆転現象"に直面する管理職が増えています。本研修はマネジメントにおける課題の解消と、役職定年社員・シニア社員の知見を組織の財産にするための手立てを学び、多様な人材の再活躍を支援します。

■管理職研修~役職定年社員・シニア社員の活躍支援

▼管理職研修~役職定年社員・シニア社員の活躍支援 のポイント
①役職定年社員・シニア社員の置かれた環境や直面する課題を理解する
②日常のコミュニケーションについてケーススタディを通して学ぶ
③よい関係を築き、モチベーション向上につながる面談の手立てを学ぶ

その他、「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」は、以下よりご覧ください。
■2018年11月(10月開発分)新作研修 9分野計26本

当社では、お客さまのニーズを先取りする研修を今後ともいち早く開発してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せボタン