2019年05月13日 ニュースリリース

2019 年5月 インソース新作研修のお知らせ(2019 年4月開発分)

2019 年5月 インソース新作研修のお知らせ(2019 年4月開発分)

属人化防止研修や1対1面談研修など 10 分野 24 本の新作をリリース

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、2019年4月に新作研修を10分野計24本リリースしましたので、お知らせします。

◇2019年5月 新作研修(2019年4月開発分)計24本

マネジメント 5本 OA/ITスキル 1本
属人化防止、プレイングマネジャー 親子で学ぶプログラミング入門
営業 5本 業務改善 1本
職種転換者、営業向けロジカルシンキング 業務フロー作成
部下指導・OJT関連 4本 接遇・インバウンド関連 1本
1対1面談、 OJTフォローアップ 店長向け あいさつ実践向上
プレゼンテーション 3本 クレーム対応 1本
ストーリーで語る力強化、研修講師養成 ケーススタディで対応力を磨く
AI・RPA 2本 新人・若手向け 1本
RPA研修 / UiPath研修 入門編・初中級編 敬語トレーニング

<マネジメント>属人化防止研修~管理職による業務標準化のためのナレッジマネジメント
業務の属人化は、「特定の人がいないと業務が進まない」「問題、トラブル発生時のフォローができない」などの観点からリスクが多くあります。そのため管理職には自部署の課題を見極め、ナレッジを活用し、属人化を解消させることが求められます。本研修では、属人化を防止し業務標準化を図るためのナレッジ活用方法について学びます。

■属人化防止研修~管理職による業務標準化のためのナレッジマネジメント

▼属人化防止研修 のポイント
①属人化が発生する原因やリスクを学ぶことで、属人化防止の意義について理解する
②属人化を解消するためのナレッジ活用方法(ナレッジの抽出・蓄積・共有)を学ぶ

<部下指導・OJT関連>OJTフォローアップ研修~関係構築・フィードバック編
新人・後輩がOJT期間で成長できるかどうかは、OJT担当者の適切なフィードバックにかかっています。しかし、実際には後輩のモチベーションを向上させるようなフィードバックができず、悩んでいるOJT担当者の方が多くいます。本研修では、OJT担当者にこれまでの育成・指導、後輩の成長や課題を振り返り、フィードバックのポイントを学んでいただき、育成の質向上につなげていただきます。

■OJTフォローアップ研修~関係構築・フィードバック編

▼OJTフォローアップ研修~関係構築・フィードバック編 のポイント
①OJT担当者として、これまでの指導を振り返り改善点を明確にする
②後輩の自信を高める質問の仕方、ほめ方など、フィードバックに必要なスキルを習得する

<部下指導・OJT関連> 1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編
従業員の価値観が多様化したことにより、現場では従業員1人ひとりの価値観を尊重しながらキャリア開発を支援することが求められてきています。実現のためには、まず部下の特徴・キャリア志向を理解することが不可欠です。本研修では、実際に面談をする管理職・現場リーダーが、1対1面談でどのように部下の特徴・キャリア志向を把握していくかを学びます。

■1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編

▼1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編 のポイント
①部下のキャリアを支援するために、面談でどのように導くかを具体的に考える
②タイプ別・シチュエーション別の面談の進め方についてケーススタディを通じて実践する

その他、「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」は、以下よりご覧ください。
■2019年5月(2019年4月開発分)新作研修 10分野計24本

当社では、お客さまのニーズを先取りする研修を今後ともいち早く開発してまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せボタン