loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

属人化防止研修~管理職による業務標準化のためのナレッジマネジメント

属人化防止研修~管理職による業務標準化のためのナレッジマネジメント

振り返りが疎かになりがちな継続的な業務を、課題点・ナレッジをしっかり整理し活用する

研修No.1040001

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • リーダー層
  • 管理職層

・職場のナレッジの問題を整理したい管理者(課長)
・業務の最適化を図りたいプロジェクトマネージャー(プロマネ)
・小売、サービスなど店舗業の管理職(責任者、店長など)

よくあるお悩み・ニーズ

  • 同じ仕事を長期間行っている担当者がたくさんいる
  • 個人主義が強く、業務を標準化する風土がない。結果、組織として力を発揮できない

研修内容・特徴outline・feature

自部署やプロジェクトの属人化の課題を整理し、属人化解消のために必要な情報(ナレッジ)をどのような目的で、内容で作成し、またそれをどのように活用・展開していくかといった、職場最適化のためのナレッジマネジメントの職場での実践を具体的に考えていただきます。

到達目標goal

  • ①属人化が発生する原因や、その悪影響の内容、その防止の仕方を理解できる
  • ②業務開始時、業務期間中、節目に必要な記録を残すことができる
  • ③記録を職場・プロジェクトの課題に合わせて現場で活用できるようになる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.属人化防止について
    (1)属人化の事象の共有
    【ワーク】自部署(プロジェクト)で発生している属人化の事象について洗い出す
    (2)属人化が発生する原因
      ①同じ仕事を長期間行うことが多い
      ②技能・知識の難易度
      ③情報共有の不足
      ④業務を標準化しようとする風土がない
      ⑤自分の優位性を保ちたい
      ⑥自分のやりたいようにやりたい(ミスを隠す)
      ⑦忙しすぎる(自分がした方が早い、マニュアルを作る時間がない)
    (3)属人化のリスク
      ①問題、トラブル発生時のフォローができない
      ②特定の人がいないと業務が進まない
      ③知識、技術の喪失
      ④生産量に限界がある(組織の力とならない)
      ⑤若手が育たない
      ⑥不正が起こりやすくなる
講義
ワーク
  • 2.ナレッジマネジメントとは
    (1)暗黙知と形式知
    (2)ナレッジマネジメントを進める手順
    (3)ナレッジマネジメントを進めるうえでの注意点
講義
ワーク
  • 3.ナレッジの活用の目的を整理する
    (1)ナレッジに関する職場の課題
    (2)ドキュメントの活用状況を整理する
    【ワーク】ナレッジの活用で解決したい職場の課題とそのために必要なナレッジについて改めて整理する。
講義
ワーク
  • 4.ナレッジの抽出
    (1)ナレッジ保有者を整理する
    【ワーク】自身が保有するナレッジや、職場で有用なナレッジを保有している方を整理(既存のマニュアルも含む)。
    (2)ナレッジの抽出方法
講義
ワーク
  • 5.ナレッジの蓄積
    ■記録に残すべきこと
    【ワーク】現在、どのような情報をナレッジとして蓄積し活用しているか
講義
ワーク
  • 6.ナレッジを共有する
    (1)最適な保管の形を考える
    (2)格納ルールの決定
    (3)他部署(プロジェクト)のベストプラクティスを共有する
講義
ワーク
  • 7.ナレッジを伝える
    (1)良いナレッジを作成してもそれを伝えなければ意味がない
    (2)伝達方法を具体化する
講義
ワーク
  • 8.ナレッジを更新する
    (1)ナレッジは変化するもの
    (2)ナレッジのメンテナンス ~ドキュメントの改訂
講義
ワーク
  • 9.まとめ
講義
ワーク

5814

スケジュール・お申込みschedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

受講者の評価evalution

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

96.4%

講師:大変良かった・良かった

93.2%

※2019年4月~2020年3月

実施、実施対象
2020年3月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
66.7%
参加者の声
  • 現状の属人化している業務を、暗黙知から形式知に変えていきたいと思います。
  • 理解が追いつくスピードが遅かったが、活用シーンがイメージできた。まずは、暗黙知を形式知化していくことから始めたい。

実施、実施対象
2020年2月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 基本に立ち返り、平準化できていることのメリットを広く伝えたい。ぜひ研修で学んだことを活かせるようにしたい。
  • テーマの通り自分の業務が属人化していることが多いので、それらに活かしていきたい。
  • 属人化防止のために、まず目的を整理し明確化したうえで、本日学んだことを活かしていきたいと思います。
  • 管理者としての役割を再認識できた。プレイングマネージャーとして業務に忙殺されており、全体の業務が把握できていなかった。しかしそれば”甘え”であり、属人化解消のためのアクションが、中・長期的に業務改善につながることを学ぶことができた。

実施、実施対象
2019年12月     5名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まずはグループ内での情報共有から始め、手順書の作成、複数担当者の実現へとつなげていきたい。将来的には、業務担当のローテーションによる業務の平準化を目指していく。
  • 目的設定、形式知化を明確にしていく。
  • まさに、属人化やナレッジマネージメントの不足という問題を抱えっているため、研修の知識として終わらせず、チームの実務に活用していきたい。
  • 自分の持っている知識をチームメンバーに共有できるようにしたい。

実施、実施対象
2019年11月     3名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 属人化の防止、解消が時間の有効活用になると感じたので、意識して取り組んでいきたいです。
  • 現状とあるべき姿を明確にし、その間のギャップを埋める方法を考えていく。
  • メンバーに目的とメリットを説明し、協力しながらナレッジ資料を作る。

実施、実施対象
2019年9月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 我が儘を通す、という事にならないよう、Needs等の共有を大切にしていこうと思いました。
  • 属人化を防止するにはどうするといいのか、というサンプル回答が明確に意識できました。属人化している原因を追究し組織的に情報が展開されるように働きかけたいです。
  • 属人化を防止するにはどのような手法が有効なのかについて学んでいくことができました。

実施、実施対象
2019年7月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 実業務で必要とするナレッジの選定方法が学べました。具体的なナレッジの抽出を行ってみたいです。
  • メンバーの持つナレッジの抽出・細分化が整理に有効と思う。活かしていきたい。
  • 属人化という漠然とした状況をナレッジマネジメントという考え方・手法に落として説明していただけたことで、やるべきことの方向が見えました。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
96.4
講師がとても良い・良い
93.2

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
関連テーマ

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修