loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編

部下育成

1対1面談研修~部下のキャリア開発支援編

面談を通して部下1人ひとりの価値観を尊重しながらキャリア開発を支援する

No. 2660601 9901019

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層
  • これから1対1面談を実施する現場リーダー、管理職の方
  • 1対1面談で部下への育成力を高めたい、部下との面談に課題を感じていらっしゃる方
  • 既に実施しているが効果を実感できていない方

よくあるお悩み・ニーズ

  • これから1対1面談を導入するが、どのように進めていけばよいか分からない
  • 1対1面談を既に実施しているが、その効果を実感できない
  • 面談を通して育成力をさらに高めていきたい

研修内容・特徴outline・feature

社員の価値観が多様化したことにより、現場では社員1人ひとりの価値観を尊重しながらキャリア開発を支援することが求められてきています。それを実現させるためには、まずは部下の特徴・キャリア志向をよく理解することが不可欠です。

本研修は、実際に面談をする管理職・リーダーが、1対1面談でどのように部下の特徴・キャリア志向を把握していくか、フレームワークをお伝えしていきます。さらに、ワーク、ケーススタディでの実践を通して、部下のキャリア開発を促す1対1面談ができるようになることを目指します。

到達目標goal

  • ①1対1面談の進め方を理解する
  • ②これまで培ったスキル・経験などを整理するフレームワークを理解し、部下のキャリアをサポートできる
  • ③部下の自己効力感を高める問いかけを習得し、部下の仕事への意欲を高められる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1.1対1面談とは
    【ワーク】普段、部下と面談する中で課題に感じていることを共有する
    (1)1対1面談実施が求められる背景
    (2)1対1面談実施の意義
講義
ワーク
  • 2.1対1面談のプロセス
    (1)1対1面談のプロセス
    (2)プロセス① 事前準備をする
    (3)プロセス② 部下の働きぶりを認める
    【ワーク】部下1人を想定し、面談を始める時に伝えたいセリフを書く
    (4)プロセス③ 雑談をする
    【ワーク】部下との雑談の中で、今まで話したことのある内容とその時に得た情報を書く
    【ワーク】部下と話したことがないあるいは話したけれど記憶にない内容から3つ選び、面談の時に部下に聞いてみたいことを書く
    (5)プロセス④ 面談の本題に入る
    (6)プロセス⑤ 次回の面談までにやるべきことを決める
    (7)プロセス⑥ 次回の面談は振り返りから始める
講義
ワーク
  • 3.面談のフレームワーク① ~スキル・経験・強み・課題の整理とキャリアサポート
    【ワーク①】実際に面談で部下に説明できるように、フレームワークを使ってこれまでの自分のスキル・経験を整理する
    【ワーク②】これまでの部下(あるいは、自分)の仕事ぶりを振り返り、①強みが発揮された点②課題だと感じた点を書き出す
    【ワーク③】【ワーク②】を踏まえて、①今後、強みをさらに業務にどう生かすか②弱み(課題)をどう克服するかを考える
    【ワーク④】1対1面談で、部下に伝えられるように自分の言葉で整理する。整理したら、ペアになり、部下を想定して2~3分で話す
講義
ワーク
  • 4.面談のフレームワーク② ~キャリア・アンカーとキャリア志向を把握する
    (1)キャリア・アンカーとは ~こだわり・やりがいと行動指針
    (2)モチベーションの動因(こだわり・やりがい)を確かめるフレーム
    ①主な動機、欲求、動因、価値をおいていること
    【ワーク】自分が重要視する、大切に思うワードを選ぶ
    ②「こだわり」「やりがい」を知る
    【ワーク】自己分析の結果の感想と今後それをどう生かしていくかをまとめる
    (3)自分の重要視する行動指針を考える
    【ワーク】8つの行動指針の中で、あなたが重要視するのはどれかを考える
    (4)キャリア志向(キャリアオプション)を確認する
    【ワーク】部下に今後どのような道を歩んでもらいたいかを考える
講義
ワーク
  • 5.面談のフレームワーク③ ~部下の自己効力感を高める問いかけ
    (1)部下を動機づけるための質問話法 ~肯定質問
    【ワーク】つい言ってしまいがちな否定質問を書き、なぜそのような質問をするに至ったかを考え、肯定的な表現に言い換える
    (2)基本的な質問話法①~オープン・クローズド質問
    (3)基本的な質問話法②~未来質問・過去質問
講義
ワーク
  • 6.ケーススタディ
    【ケース1】キャリアに悩んでいる部下との面談
    【ケース2】チャレンジすることに後ろ向きな部下との面談
ワーク
  • 7.まとめ
    【ワーク】研修を踏まえて、今後、部下との面談で実践することを書き出す
講義
ワーク

5809

企画者コメントcomment

「面談となると硬い話しかできず、評価面談と変わらないものになってしまう」「部下のキャリアをどう伸ばしてあげたらよいのか分からない」といった声が聞かれます。本研修は、管理職・リーダーが、部下のキャリアを支援するために面談でどのように導くかを具体的に考えるプログラムです。これまで、部下のキャリア開発支援に特化した研修を新たに開発しました。

スケジュール・お申込み
(オンライン/セミナールーム開催)schedule・application

オンライン開催

セミナールーム開催

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります
  • カリキュラムは一部変更となる可能性があります。大幅な変更の際は、申込ご担当者さまへご連絡いたします。

事前のご案内

受講できそうな日時がない… 日程を増やしてほしい… 
そんな時には「研修リクエスト」

研修リクエストサービス

「研修リクエスト」とは、お客さまのご希望の日程、内容、会場で、1名さまから インソースの公開講座を追加設定するサービスです。 サービスの詳細や、リクエスト方法はこちらをご確認ください。

※受講者数1名以上の場合から、リクエストを受け付けております

※ご連絡いただいてから研修実施まで、通常2か月程度かかります(2か月以内での急ぎの実施も、ご相談可能です)

受講者の評価evaluation

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

95.0%

講師:大変良かった・良かった

85.0%

※2022年10月~2023年9月

実施、実施対象
2023年4月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 半期賞与面談に向けて、課題設定時より部下の個人目標管理に役立てたいです。また、月次の部署報告にも活用したいと思います。
  • これから1対1面談を実施するうえで非常に有益だったと考えています。褒めることを実践していきたいです。
  • 部下面談に備えた事前準備に取り組むことからはじめます。本人の本音を聞き出して、成長の機会を増やしたいと思います。
  • 他社、他部門の方々との会話の中から、色々な視点で考える良い機会となりました。社員面談に活かします。

実施、実施対象
2023年2月     9名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下をやる気にさせる面談の進め方が大変参考になりました。有効的な1対1面談を実施し、風通しの良い職場を作っていきたいです。
  • 面談の際に気を付けるべき点が、改めて理解できたので活用していきたい。仕事における、自己を重要視することの振り返りもできたのでよかった。
  • 部下のキャリアアンカーを把握して面談を行う。部下の強み・弱み、価値観、こだわりを確認する。

実施、実施対象
2023年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • キャリアサポートをしていく中で、メンバーの大事にしたいことを知ることが重要ということを理解しました。よりよい面談のメソッドを身につけ、人材育成につなげたいです。
  • 傾聴、復唱、感情フィードバックを活かします。部下の考えが引き出せるように、部下と同目線で話ができるようにしたいです。
  • 自分がリーダーであるという自覚を持つことと、Iメッセージを意識することを活かしていく。若手育成の場面で、面談スキルを通じて部下・後輩の成長をサポートしたい。

実施、実施対象
2022年12月     12名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
91.7%
参加者の声
  • 職場での1対1面談の進め方は暗中模索でした。面談のプロセスがあることへの驚きと、そこまで丁寧に部下の気持ちを掘り下げるのかという発見で、非常に有益なセミナーでした。
  • 実際の1対1面談の時間が短い場合も、しっかりと準備が必要であることが改めてわかりました。ワークの時間も多く実践的な研修で有益でした。
  • 1対1面談を部下とのコミュニケーションとして留めるのではなく、部下の気付きや考えるきっかけとなる場になるように活かしていきたいと思いました。
  • 部下のキャリア開発に活かしたい。また、時間短く、回数多くなど、リモートでのコミュニケーションの工夫を実践したい。
  • 部下の強み・弱みを一人一人分析したことがなかったので実践したいと思う。部下の思考ややりがいを知ることで、部下の思いに寄り添った面談にしたい。

実施、実施対象
2022年11月     15名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
93.3%
参加者の声
  • 部下とのコミュニケーションだけでなく、チームの不安、不満、負担を減らすことを率先して行うことで上長のサポートにも活かせると考えます。
  • 社内でも1対1面談マニュアルはあるが、研修で説明を受け、実際に考えて行動することで理解が深めることができた。人物ノートは良い考えだと思いました。今後に活かせる、学びがあった。
  • 面談の大切さを知りました。リーダーとして部下とのかかわり方含め考えながら進めていきたいと思います。面談はモチベーションUPであることを常に考え、貴重な時間を無駄にしない様心がけることとします。

実施、実施対象
2022年9月     14名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 雑談をうまく使いながら、面談の準備をします。クレームに関する面談の場合は、客観的な意見を伝えながら相手に気づかせるようにしてみます。
  • フィードバックの際は、評価を加えず客観的事実を相手に伝えることを意識して、本題と今後のプランに重点を置いた面談を心掛けます。メンバーのことをよく見て、よく知ることが欠かせないと思いました。
  • まずは部下に対しほめることや、お礼を伝えます。自己分析と日々の課員ウォッチをしたうえで、面談のストーリーを作ります。
  • 相手のモチベーション向上のポイントを意識します。面談のプロセスや行動指針を特定するテーブルを使ってみたいです。

お問合せ・ご質問

よくいただくご質問~お申込み方法や当日までの準備物など、公開講座について詳しくご説明

最新作・ニュース

新卒採用募集中
ページトップへ
本研修の評価
内容をよく理解・理解
95.0
講師がとても良い・良い
85.0

※2022年10月~2023年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

同ジャンルの研修を探す

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

コンテンツクリエイターズワークス

生理の貧困対策支援PJ(企業向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ(自治体向け)全力Q&A

生理の貧困対策支援PJ自治体のお声

  • WEBins
  • モンシャン

公開講座からの新着メッセージ


    直近の公開講座開催研修