2021年02月15日 ニュースリリース

インソースの入社予定者が「DX研修」を受講

インソースの入社予定者が「DX研修」を受講

21年春入社予定者がPythonを用いたDX研修を受講

「DX革命の中核に新人を据える」と考える株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は職種にかかわらず、2021年4月入社のすべての新人をデジタル人材として育成すべく、教育研修を実施することを、お知らせいたします。

DX推進の鍵は、社内のあらゆる部署にIT知識を持つ人材が多数在籍することです。そこで、当社では2021年春入社予定者28名に対し、DX人材化の第一歩としてAI開発・データ分析の標準言語であるPython(パイソン)を用いたWEBアプリ開発研修(注1)を実施することにいたしました。

プログラミング言語Pythonは、AI開発・データ分析の標準言語でありながらも、初心者にも分かり易く、シンプルな言語仕様となっております。インソースでは、2021年度入社の新入社員に、配属される職種にかかわらず、DX研修を受講させる予定としております。新人が配属された各部署でのIT化やデータ分析の中核人材として活躍できるようになることを目標としております。

当社では、教育研修を強化し、今後とも業績向上を図ってまいります。

(注1)本研修は当社子会社の株式会社インソースデジタルアカデミーが開発

以 上

<ご参考>インソースデジタルアカデミーが実施する新人・内定者向けDX研修
〇WEBアプリ開発人材育成コース(12日間)21年 4月12日(月)~27日(火)
~社内業務の効率化を目的とした簡易なWEBアプリ開発ができる様になるのが目標
・対象:製造部門、スタッフ部門、営業部門など多様な職種向け

〇AI開発人材育成コース(14日間)21年 4月12日(月)~30日(金)
~AIを活用した簡易なアプリ開発ができる様になるのが目標
・対象:AIを活用するマーケティング、研究開発部門など多様な職種向け

〇データ活用人材育成コース(12日間)21年 4月12日(月)~27日(火)
~簡易な統計数値の算出・分析ができるようになるのが目標
・対象:営業部門、経営企画部門などデータを活用した業務を担当する方向け

■詳しくはHPをご覧ください https://www.insource.co.jp/bup/newcomer_it_dx.html

本記事のPDFファイルは、こちらでございます。

お問合せフォームへ