インソースの研修運営 チョット役立つ101のコツ

受講者のグループ分け~注意すべき点は意外と多い

受講者のグループ分け~注意すべき点は意外と多い

1グループの適正受講者人数は?

1グループの人数を何名にするべきか? 弊社の答えは4名または5名です。グループディスカッションが多い研修の場合は、人数が少なすぎると、出てくる意見に多様性が欠けます。逆に多すぎると、発言をしない方がどうしても出てきます。よって5名が最適です。一方4名が最適なのは、ロールプレイングなど、ペアワークが多い研修です。この4名、5名の使い分けだけで、多くの研修に対応できますので、大変便利です。

 

グループ編成はミックスがおすすめ

「同じような役職や年齢で固めた方が視点が同じで良い議論ができるのでは?」と考える方もいらっしゃると思います。しかし、結論から言えば、『同じグループになるべく属性の違う方が混在している』のが良いです。その最大の理由は、多様な視点や観点からの意見が出ることによって、議論がより深まるからです。自分とは違う年齢や職種の方々から出る意見に触れることで、日常業務では考えもしなかった『気づき』を得ることができます。

 

聴き上手・話上手まで考慮できると最高

役職や担当業務といった属性情報のほかにもう1点、気にしていただきたいことがあります。それは、受講者が聴き上手か、話し上手かといった点です。当然、バランス良くグループが構成されているのがベストです。しかし、研修担当者と言っても全社員の個性まで把握することは難しいので、あまりにもバランスが悪い場合は、午前と午後でグループをシャッフルすることがおすすめです。「新たな視点を取り入れるために」などと説明し、自然と席替えしてしまうのがコツですね。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修