管理職研修~総合ページ | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

管理職研修

管理職研修

組織課題に合わせた実践重視の内容で悩み・不安を払拭し、管理職としての第一歩を踏み出す

研修の特徴・目的

現代の管理職・マネージャーに求められる役割は以前よりも広がっている

その場ですぐに判断を下せるか。マネジメントを理論ではなく実践に

ビジネス環境が激しく変化する中で、現場で起こる様々なトラブルやイレギュラーな事象に対し、経営者の判断を待つことなく、管理職が即時に判断を下すという状況が増えています。迅速に顧客要望に応えることで組織の優位性を保ち、同時に現場力を高めるねらいもあります。このようなことから、どの組織においても責任を負う管理職・マネージャーの育成が喫緊の課題です。

インソースの管理職研修は、「いかに現場でマネジメント力を発揮できるか」にフォーカスしています。そのため、理論を学ぶことよりも実践演習を重視しています。部下指導・リスクマネジメントや業務改善、予算管理・労務管理のほか評価・考課など、管理職に求められるあらゆるスキルを習得できるプログラムがございます。

時代の変化に合った豊富なラインナップ

リモートワークにおけるマネジメントやダイバーシティ推進など、時代の変化に応じて、管理職・マネジメント研修を開発、アップデートしていることも、弊社の大きな強みです。外部視点の強化、知識やスキルの習得につながるように構成しています。研修を通じて現場で感じている悩みを払拭し、現場でこれを実践すれば上手くいくという具体的なノウハウを知ることで、管理職がさらに活躍できるように支援します。


管理職研修のポイント

人を育成し、継続的に会社が成長する礎をつくる

労働人口の減少などの影響を受け、限られた経営資源で最大のパフォーマンスを発揮することは、管理職に特に求められるもののひとつです。多様な人材が活躍でき、メンバーが成長できる職場をつくれるかが、組織の生死を分かつといっても過言ではありません。「人的資本」を大きくするのも小さくしてしまうのも、管理職次第といえます。例えば、ダイバーシティの推進で組織が得るメリットを理解したうえで、部署内の業務プロセスを分解して時短勤務メンバーやシニアメンバーに適切に割り振るなど、理論を現場でどのように実践するかについても学んでいただけます。

仕事の効率を高め、チーム全体の「生産性」を上げる

働き方改革や競争の激化に対応するために、あらゆる現場で「労働時間削減」と「生産性向上」の両立が求められています。しかし、この両立が一朝一夕にはいかず、改善の目標が達成できていない組織が多いのが現状です。管理職には、仕事の効率を高めるための、PDCAサイクルをさらに高速で回していくOODAループの習得やAI・RPAなどのIT活用検討などによって、チーム全体の「生産性」を向上させ続けることが求められています。

現状に満足せず、常に自らの力を高め、改革・改善を推進する

組織を継続的に成長させるには、将来のリスク(好機、脅威)に向けて、常に改革・改善を考え、動き続けることが必要です。変化や競争の激しい近年では、「リスク」という見えない将来に対する振れ幅も以前より大きくなっていると言われています。このような社会に適応し続ける組織をつくるには、管理職が現状に満足せず、常に率先してアンテナを張りスキルを高め、メンバーやチームに対して改革・改善を推進していく他ありません。

本ページでは「初級管理職、新任管理職]を対象としたラインナップを中心にご紹介していますが、役員・経営層の方へ向けた研修、部長・課長向け研修なども多くのラインナップがございます。

上級管理職(部長・幹部・経営層向け)研修一覧
中級管理職(課長・次長)研修一覧
段取り研修(管理職・管理者向け)一覧
女性管理職(女性リーダー)育成研修一覧


<管理職研修おすすめラインナップ(資料ダウンロード)>
管理職研修ラインナップ

※本資料のエクセルファイルのダウンロードはこちら


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

管理職研修 おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

管理職研修 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

管理職研修 おすすめサービス

管理職研修 動画教材・eラーニング

管理職研修 読み物・コラム

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

閉じる