loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

中堅社員研修

中堅社員研修

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

中堅社員は「実務遂行者」であり「未来のリーダー候補」

インソースでは中堅社員の方を「組織のエンジンであり、未来のリーダー候補」と位置づけています。中堅社員と呼ばれる年代は組織によって様々ですが、求められるスキルや意識は共通しています。

中堅社員は、実務の中核者でもあり、上司の補佐役かつ若手にとってのリーダーです。組織目標を達成に導くために、上司をサポートし、後輩を育成して組織力を高める役割を担っています。

<中堅社員に求められる役割>
①自分自身が部下として上司をサポートしていく役割
②後輩に対し指導・支援を行っていく役割
③業務推進者としての役割

インソースの中堅社員研修は、上記の3つの役割を果たすために、フォロワーシップ・リーダーシップ・オーナーシップのマインドを醸成するプログラムが充実しています。組織の中堅社員に不足している要素や伸ばしてほしいスキルなど、ご要望をお聞かせください。次期管理職候補として育成するための中長期プランなどもご提案いたします。


中堅社員研修のポイント

管理職を補佐する「フォロワーシップ」を発揮する

フォロワーシップとは、上司を支援・サポートする、フォロワーとしての役割に主体的に取り組むことを指します。上司の判断軸を十分に理解し、上司の良き支援者としての立ち居振る舞いが求められます。

上司を補佐するとは、決して上司に媚びることではありません。上司を手助けすることによって、組織の共通目標・目的を達成していく、達成できる組織づくりにフォロワー自らが主体的に携わろうとする姿勢が大切です。

「リーダーシップ」を発揮し後輩の成長を促す

中堅社員は自分より若手の社員を束ねる立場でもあります。後輩に対して適切な業務の指示・指導を行い、チームで成果を上げるためのリーダーシップを発揮することは、多くの中堅社員が担うべき重要な役割です。

中間にいるリーダーが周囲と良い人間関係を築くことで、チーム全体に良い影響をもたらします。結果として、チームの成果が最大限に発揮されるのです。

「オーナーシップ」を持ちチームの課題に当事者意識をもって関わる

オーナーシップとは、担当する業務を「自分の仕事」として主体的に捉え、強い使命感と熱意をもって、それに取り組む姿勢のことです。

ここでいう担当する業務とは、部署全体の仕事を指すことも少なくありません。同じ組織においては、役職に関係なく組織として同じ目的のために働いています。仕事をする際は、常にその目的・目標を念頭に置いて考えることが重要です。上司から言われたことをただこなすだけではなく、目的意識と信念をもって、部署に関わる様々な問題に対してより良い改善を提案することも、中堅社員に望まれる役割といえます。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

中堅社員研修のおすすめプラン

中堅社員が中心となって、部内の課題解決を推進するプラン

中堅社員が部内の課題解決を推進するために、課題解決力やファシリテート力を身につけ、半年後に成果発表会をするプラン。上長もコーチングなどで部下のサポートを行う

1年間で次期管理職としての意識・スキルを習得するプラン

中堅層を次期管理職候補として育成するために「組織を牽引する当事者意識(オーナーシップ)」 「成果を出すためのチームマネジメント力・部下指導力」を強化する

中堅社員が上司をサポートするスキルの底上げを図るプラン

1年間で中堅社員に、「上司をサポートしながら」「周囲へ配慮し」「短時間で成果を上げる」仕事を進めるスキルを強化する。4か月に一度全員で集合し、ボトムアップを図る

研修のプロがお答え人気研修TOP5

中堅社員研修のご提供コンテンツ

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!