教職員向け研修 | 現場で使える研修ならインソース

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

教職員向け研修

教職員向け研修

多様な子供たちとともに未来をつくる。そのために業務効率化・メンタルのセルフケアが欠かせない

研修の特徴・目的

増え続ける業務量と多様化する生徒にいかに向き合うか

教育の現場では、教職員の勤務時間の長さ・業務量の多さが問題となっています。英語教育やプログラミングなどのカリキュラムが増える一方で、児童・生徒と向き合う時間が減少し、本来の「学校教育」が脅かされている状況を改善できずにいる学校組織も少なくありません。また、保護者とのコミュニケーションに問題を抱えていたり地域住民の方などからのクレーム対応に苦慮している教職員もいらっしゃいます。インソースでは、タイムマネジメント研修や事務ミス防止研修などの業務改善を目的とした研修や、児童・生徒や保護者とのかかわりに役立つコミュニケーション研修・クレーム対応研修、仕事に対しての意欲や前向きな姿勢を維持・向上するためのセルフコントロールを学ぶ研修、ストレスに上手に対処するメンタルタフネス研修など、教職員の皆さまが現場ですぐに活用できる様々なプログラムを開発しています。より多くの時間を子どもへの保育や児童・生徒への教育指導にそそぐためのお手伝いが可能です。


教職員向け研修のポイント

CS・コミュニケーションスキルの向上

教職員は、児童・生徒のみならず保護者や保護者に近い関係者と接することが多く、高いコミュニケーションスキルを持っておく必要があります。児童・生徒のちょっとした変化に気づくためにも、また保護者らから信頼を得るためにも、「円滑で良好なコミュニケーションを図ること」が大事な業務のひとつなのです。弊社のコミュニケーション研修の大きな特徴は、話すことに先んじて「聴くこと」の重要性を説いている点です。また、相手の状況や気持ちを尊重しながら、自分の主張を正直に伝えることにより、物事を円滑に進めることを目指すアサーティブコミュニケーションを学ぶプログラムもございます。一般的なビジネスマナーの習得も欠かせません。大きなクレームなどの発生を抑制するためにも、CS向上の基本を若手のうちに身につけておくことが望まれます。

多様化する生徒・保護者に柔軟に対応し、リスクを未然に防ぐ

どのような子供でも等しく平等に教育の機会が与えられるべきものですが、一方「均質・同質」な教育からの脱却が求められる部分もあります。グローバル化やひとり親世帯の増加など、以前に比べ多種多様な家庭環境・文化的背景をもつ子供たちがクラスに存在していることが一般的になってきました。それぞれの子供たちの状況を理解するために、教職員自身がダイバーシティへの考え方を正しく得て、人種・性別・信仰する宗教や生活様式に配慮した行動を体現していくべきでしょう。また、携帯電話やインターネットの普及により、教育現場外で子供たちのコミュニティが知らず知らずのうちに広がり、トラブルに発展する事例も出てきました。SNS利用の危険性を理解するなど身近なリスクにアンテナを張り、啓蒙活動を怠らないようにします。

限られた時間やマンパワーを効率よく使い、いきいきと働く

日本では経験のない競技や分野の部活指導、教材用のプリント・学級だよりなどの大量の印刷物の作成、入試監督なども教員が担当することが多く、本来最も時間を割くべき授業の準備がなかなか進まないといった現実があります。熱心で責任感のある教職員の方ほど、過労死や精神疾患を患い現場を去るという事例もあとをたちません。こういった事態を打破すべく、教育の現場での働き方改革を強力に推し進めていかなければなりません。部活顧問を地域の有識者に委託する、非常勤職員の方や民間の派遣会社に業務の一部を代行していただくなどでそもそもの業務量を減らす以外にも、教職員の方一人ひとりのタイムマネジメント力・ファシリテーション力・資料作成スキルを高め、DX推進を図ることでも問題の解決を図っていくことが重要です。また、早々に自分たちのメンタルヘルス不調を捉えて適切に対処すること、管理監督する立場にある方や同僚メンバーも部下や周りのメンバーの異変にすぐに気がつき、声かけができる職場を作りましょう。

教職員向け研修 おすすめプラン

コア・ソリューションプラン

コア・ソリューションプラン一覧へ

教職員向け研修 研修プログラム

旬のプログラム

基本プログラム

階層やニーズ別のプログラム

教職員向け研修 ワークショップ

教職員向け研修 動画教材・eラーニング

教職員向け研修 おすすめサービス

教職員向け研修 Leaf(リーフ)シリーズ~HRテック

教職員向け研修 読み物・コラム

研修のプロがお答え教職員向け研修 全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


        

研修のプロがお答え教職員向け研修 全力Q&A

お客さまから「教職員向け研修」に多く寄せられるご質問を掲載しております。

当組織の現状に合うよう、カリキュラム内容は変更可能ですか?

はい、可能です。
業務改善の問題点がある程度明確になっていれば、その問題点に合うようにカスタマイズいたします。重点テーマを定めたり、既存のカリキュラムを組合せること。あるいは、問題点が不明確であれば、受講される方々に「事前課題」に取り組んでいただき、その内容から研修内容を固めていくことも可能です。

どのような人に講師をしていただけますか?

可能な限り理解が深い講師を原則派遣します。
講師は、研修を通じて受講者さまの動機づけ、学んだ知識を実践できるよう導くため、受講者と講師の相性は非常に重要です。基本的には、お客さまの業界や受講者さまの職種について理解の深い講師をご提案いたしますが、そのほかにもご要望(一人ひとりに寄り添う姿勢で親しみを感じさせるタイプ、適切な距離を保ち厳しく指導するタイプ、冷静・ロジカルに話すタイプ、熱く語りかけるタイプなど)がございましたら、ぜひお聞かせください。

講者を集められる時間帯や曜日がかなり限定されるのですが、夜間や土曜祝日でも研修実施は可能ですか?

ご要望に合わせて、開催する曜日や時間はご都合に合わせて開催可能です。また、集合型ではなく、メンバー1人ひとりの都合がつく時間に個別に研修を受けさせたいという場合には、公開講座やeラーニングがおすすめです。日本最大級の研修ラインナップをご用意しておりますので、ご要望にマッチする研修を受講いただけます。「スマートパック」という公開講座や動画教育が最大50%OFFになるサービスもございます。
人財育成スマートパック~公開講座や動画教材が最大50%OFFのポイント制割引サービス
動画百貨店

最新作・ニュース

新卒対応speed&challenge

新卒採用に関するお知らせ オンライン・全国で会社説明会開催中

閉じる