インソースの研修運営 チョット役立つ101のコツ

車椅子の受講生がいらっしゃるときの確認事項

車椅子の受講生がいらっしゃるときの確認事項

インソースは現在、3つの県と2つの自治体で、研修を運営含めて一括受託しています。そのうち4箇所では社員が毎日職員の方に混じって働き、皆さまと一緒に研修運営をさせていただいております。

研修運営をしていると、受講生は様々な方がいらっしゃいます。その中で、特に車椅子の受講生がいらっしゃったときの対応方法を、設営面と対応面に分けてお伝えいたします。

 

どこまで補助が必要かを本人に確認する

まず前提として、どこまで補助が必要かをご本人に確認しておきます。必要以上にこちらが気を遣いすぎると、かえって恐縮をされたり、「自分が迷惑をかけてしまっているのではないか」という思いを抱かせてしまいます。

大事なのは、「特別感」を出さないことです。もちろん、不便を感じていただいてはダメですが、あまりにも「特別扱いをしている」という印象を与えては良くありません。最初に一言かけておくだけで、適切な関わり方をできるようになります。

 

設営面~机・人の選び方、交通手段の確認

1.いつもより長い机を用意する
研修の際、使う机は様々だと思いますが、車椅子の方が着席される席の机には、普段より長い机を用意するようにしましょう。椅子の切り替えしには思った以上にスペースが必要です。また、席次の決定にも心配りを忘れてはいけません。

ここでも大事なのは特別感を感じさせないことです。例えば、みんなが2人がけで座っているのに自分だけ1人がけ、というのは疎外感が増してしまいます。仮にいつもは2人がけの机に2人がきっちりと座っているなら、車椅子の方がいる場合は、3人がけの机を用意して、2人でかける、などの配慮が必要です。

さらに細かい部分では、椅子をあらかじめどけておく、なるべく出入り口の近くに席次を決める、なども配慮のポイントです。

2.補助する人員を決める
次に、補助する人員を決めておき、当日朝の段階で声をかけておきます。この補助する人員は、「受講生の中から」選ぶのがポイントです。また、配席で近くの人に依頼します。すぐに声をかけられるようにするためです。

場合よっては、同じ部署などで気の置けない仲の方が一緒に受講していることもあります。そのような場合は、車椅子の方も安心をすると思いますので、補助をその方にお願いをするなど、人員の選定は臨機応変さも必要です。

3.会場までの交通手段を確認しておく
自動車で会場にいらっしゃる場合、車の乗り降りや駐車場から会場までの移動に補助が必要か、なども確認しておきます。また、雨の日であれば、傘を差して車までお出迎えをする、などの小さな心配りも大事です。

 

対応面~障害者用トイレの確認

障害者用トイレの場所をスタッフが把握しておきます。これは必須です。障害者用トイレが研修室から遠くにしかないケースもあります。その場合、休憩時間が例えば10分間あっても、時間中にトイレにいくのが難しくなります。トイレに行っているとどうしても開講に遅れてしまう、などのことが想定されます。その情報は、講師にも共有しておきましょう。

 

このような形で丁寧に対応させていただいたところ、車椅子の受講者さまからは、わざわざアンケートに感謝の言葉をいただくなんていうこともありました! 何度も言いますが、ポイントは「不便さを取り除くこと」であり、「特別扱いする」
ことではありません。

不便さを感じさせないようにお手伝いをする、これはどんな受講者の方に対してでも同じことですよね。ぜひ参考にしていただき、受講者の皆さま全員が研修を受けやすい、環境づくりをしてください。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください


今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報