2020年06月26日 ニュースリリース

「在宅勤務・テレワークのための情報セキュリティ対策研修」を開発

「在宅勤務・テレワークのための情報セキュリティ対策研修」を開発

テレワーク関連ラインナップを拡充し、全12研修に

研修で企業・組織を支援する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)と、100%子会社の株式会社インソースデジタルアカデミー(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:杉山晋一、以下「IDA」) はこの度、テレワーク関連のラインナップを拡充いたしましたことをお知らせいたします。

コロナ禍により急速にテレワークが普及するなか、導入にあたっては様々な課題が出てきています。インソースグループでは、テレワークにおいても重要な情報セキュリティの面から組織を支援するため、「在宅勤務・テレワークのための情報セキュリティ対策研修」を開発いたしました。

■(半日研修)在宅勤務・テレワークのための情報セキュリティ対策研修
年間1万8千名以上※にコンプライアンス研修を実施するインソースグループが開発。「家族への情報流出」「個人責任での自宅の危機管理」等、仕事とプライベートの境い目が曖昧になることで起こり得るリスクを考え、具体的な対策へと繋げていきます。※2019年4月~2020年3月 講師派遣型研修における実績

オンライン公開講座
講師派遣型研修

このほかにも、「直接顔を見ずに仕事をするのが不安」「仕事ぶりがわかりづらいので、どう評価すればよいかわからない」など、テレワークに関する課題を解決するため、関連したラインナップを取り揃えました。

■テレワーク(リモートワーク)導入研修・サービス
・働き方改革実現研修 テレワーク活用に向けた業務改革(半日間)
・管理職向けテレワーク導入研修(全3回)
・アフターコロナ・ウィズコロナ時代のリモートワークマネジメント研修(1日間)

今後とも、組織における課題を先取りした研修開発を迅速に行ってまいります。

以上

本記事のPDFファイルは、こちらにございます。

お問合せフォームへ