全力ケーススタディ~研修テーマ別の各業界・職種向けケース一覧

裁判所・検察庁・国税局向け ケース一覧

インソースでは、これまでに社(※)の、多種多様な業界・職種のお客さまとのお取引実績がございます。お客さまの抱く課題やご要望に沿って、オーダーメイドで研修開発を行ってまいりました。
テキストを作成する際には、研修テーマにあわせて、それぞれの業界・職種のビジネスの現場を反映した「リアル」なケーススタディを作り込んでいます。

本ページでは、過去に実施した様々なケーススタディを一覧にて掲載しております。
あわせて、各ケースを使用する際の、おすすめの研修カリキュラムもご案内しております。ぜひ研修内容のご検討にあたってお役立てください。

裁判所・検察庁・国税局向け おすすめケーススタディ

本ページでは、過去に実施した「裁判所・検察庁・国税局向け」ケーススタディを一覧にて掲載しております。
あわせて、各ケースを使用する際の、おすすめの研修カリキュラムもご案内しております。ぜひ研修内容のご検討にあたってお役立てください。

お問合せはこちら

裁判所・検察庁・国税局向け ケーススタディ一覧

  • ビジネス文書

  • プレゼンテーション

  • コンプライアンス

  • ファシリテーション

  • 交渉・折衝

  • ハラスメント

    • ハラスメント相談員向け。 男性の先輩職員から、指導の際に肩や手を触られることが多くなり、毎日のようにメールや電話もかかってきて困っているが、誰にも打ち明けられないと相談をうけた場合。

      Case.191-064

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • ハラスメント相談員向け。 普段からあまり隠し事をせず、誰にでも何でも話す同僚女性がいる。話の内容が不快なため上司に注意してもらいたいが、一緒になって話をしているため相談しづらいと相談をうけた場合。

      Case.191-065

      本ケースを活用できる研修例はこちら

  • 部下指導・OJT

  • メンター

  • コーチング

  • 評価関連

  • 面談の仕方

  • 営業

  • マーケティング

  • クレーム対応

    • 法人の税関検査担当。ある中小企業の社長から「最近検査が多い。同業の知り合いはほとんど検査にかかったことがないと言っている、不平等じゃないか?」とのクレーム。

      Case.500-079

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 法人の税関検査担当。検査予定の男性から費用が高すぎるとクレームがあり、基準に沿ったものであると伝えても「納得できない」とお怒りのときの対応。

      Case.500-080

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 空港の旅客の税関検査責任者。後輩の検査官の検査に憤慨し、「言っていることがさっぱり分からない」と検査途中で退場しようとしている方への対応。

      Case.500-081

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 市役所の窓口担当。「着信があったのでかけ直した」と住民からの電話が転送されてきたが、こちらの課ではないとお伝えしたら、「さっきもその前も同じことを言われた!」とたらいまわしされたことへのクレーム。

      Case.500-083

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 検察庁勤務。金融機関の手違いで科料の督促をしてしまった男性の母親から「うちの子は支払った」との激高しているクレームへの対応。

      Case.500-084

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 検察庁勤務。不起訴記録の閲覧の申し立てがあり、手続きと開示制限について説明したが分かってもらえず、「閲覧するのは市民としての当然の権利だ」と主張する方への対応。

      Case.500-085

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 検察庁勤務。罰金未納者に収容状を送付したら電話があり、「金があるならとっくに払っている、サラ金で借りてこいとでも言うのか!」とのクレーム。

      Case.500-086

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 裁判所勤務。男性より届いた自己破産の申立書に不備があったため連絡したら、「説明された通りに用意したんだから、そっちの説明が悪い。そっちでどうにかしろ」とのクレーム。

      Case.500-097

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 裁判所勤務。口頭弁論期日呼び出しについて、「一方的だ」「都合がつかない」とのクレーム。

      Case.500-098

      本ケースを活用できる研修例はこちら

    • 主税局勤務。保存期限が過ぎている納税証明書がほしいという住民の依頼を断ったら、「本当は保存しているでしょう。いいから出してほしい!」との無理な要望。

      Case.500-130

      本ケースを活用できる研修例はこちら

  • アサーティブコミュニケーション

  • CS・接遇

  • 電話・コールセンター

お問合せはこちら

研修中でのケーススタディ使用例

ケーススタディタイトル(例)

言語でのコミュニケーションが難しい方への対応。「聴覚障がいがありますが、口話ができます」とおっしゃるお客さま。伝わり具合を確認したい。

Case.170-003

【研修内でのケーススタディの使用例】

ケース

「聴覚障がいがありますが、口話ができます」とおっしゃるBさんがいらっしゃいました。あなたはゆっくり丁寧に話しかけることを心がけていますが、話が伝わっているのか心配です。
相手が不快にならないように理解度を確認するには、どのようなことに気を付ける必要があるでしょうか?

個人ワーク・自分の考え

(解答例)「きちんとお伝えできたか不安なので、最後にもう一度ポイントだけ確認させていただけますか?」などとお伺いを立てる。

グループワーク・研修の中で出た意見 など

(解答例)「最後に要点を復唱させていただきます。お話のポイントは3点です。1点目は・・・。2点目は・・・。3点目は・・・」と書き、相手のうなずきなどを見て、理解度を確認する。

【講師からのフィードバック例】

今回のケースでは「口話ができます」とおっしゃっているため、別のコミュニケーション方法を提示することによるトラブル等も想定できる。相手の様子を伺いながら確認することが重要

テーマ別 ケーススタディーラインナップ

全力ケーススタディ一覧に戻る

お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

サービス内容
講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
新作研修PICK UP

時代の変化を先取りするインソースの新作研修

新作研修一覧を見る

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集