生理の貧困対策支援プロジェクト(企業向け)全力Q&A

14問の質問に全力でお答え!

Q&A List

プロジェクト概要について教えてください。

各企業さまからご寄付を募り、当社が仲介し、全国の自治体や社会福祉協議会に生理用品をご提供するプロジェクトです。
当社は、「あらゆる人が『働く楽しさ・喜び』を実感できる社会をつくる」を経営理念として研修事業をはじめ、ITサービスやオンラインセミナー支援、コンサルティングなど、「社会課題を解決する」サービスを提供しております。
株式会社インソース
地域の課題解決推進として、2022年から生理の貧困への支援プロジェクトを開始しております。

全体の流れを教えてください。

①発注書のご記入・ご返送〈貴社→インソース〉
②寄付申出書の送付(必要な場合のみ)〈インソース→寄付先の組織さま〉
③請求書のご送付・ご入金〈インソース・貴社〉
④生理用品のご納品〈インソース→寄付先の組織さま〉
⑤寄付受領書のご発行〈寄付先の組織さま→インソース→貴社〉
※インソースで取りまとめ、貴社にお渡しいたします。

インソースには手数料が入るのですか?

当社は、生理用品の販売店になります。そのため、生理用品の売上が入ります。各企業にとっては、当社から安く生理用品を購入でき、かつ当社が仲介することで負担なく寄付できる仕組みを新しく、構築いたしました。

まずは資料を送ってほしいのですが。

かしこまりました。下記までお問い合わせくださいませ。
【お問合せはこちら】
株式会社インソース 社長室 
生理の貧困対策プロジェクト担当
MAIL [email protected]

寄付することで、企業にはどんなメリットがありますか?

大きく下記5つのメリットがございます。
特に①は弊社の採用でも実績があり、求職者(特に女性)へのアピールとなります。
① 社会貢献意識が高い求職者にアピールできる
(弊社の2023年度新規採用では、応募者の約30%が本プロジェクトに興味があり応募したと回答)
② 生理用品の調達、自治体・社会福祉協議会への連絡は全て弊社で対応するため、ご負担なく社会貢献ができる
③ ESGのSに関するプレスリリースが出せる
④ 各自治体のスポンサーとして、地域との関わりをつくることができる
⑤ 寄付金は損金換算することができるため、税制対策になる

今回のみの寄付でも良いでしょうか。

はい、もちろん承ります。1口からでもお気軽にお問い合わせくださいませ。

寄付受領書には何が記載されていますか?

貴社名、生理用品のパック数、寄付額、ご入金日(もしくは納品日)、受け取った自治体の署名と捺印となります。

自治体や社会福祉協議会と企業が直接やり取りすることはありますか?

基本的にはございません。
自治体や社会福祉協議会との連絡はすべて当社にて行います。

1口の寄付あたり、納品するのは1組織のみですか?

各自治体によって受け入れ可能なパック数が異なるため、複数の自治体をご紹介させていただくことがございます。
貴社のご希望を伺った上で、各自治体の受け入れ可能パック数や、納品希望時期に応じて、当社より自治体をご紹介させていただきます。

寄付先を指定することは可能ですか?

貴社創業の地、支店・支社がある市など、ご希望をいただいた場合は、弊社より自治体・社会福祉協議会へ交渉します。
寄付の受け取りが難しい組織もありますので、予めご了承ください。

寄付したことをホームページに載せたいのですが、写真の撮影や感謝状の発行は可能ですか?

各自治体によって異なるため、当社にて確認・交渉を行います。ご希望の際はお申し付けくださいませ。

寄付をしたら、社名は公表されますか?

掲載をご希望の場合は、弊社のホームページでご紹介させていただきます。
生理の貧困対策支援プロジェクトのホームページ「寄付実績」より掲載事例をご確認いただけます。
生理の貧困対策支援プロジェクト 寄付実績
また、匿名でのご寄付ももちろん承ります。

プレスリリースを出すことは可能ですか?

はい、もちろん可能です。貴社のサステナビリティ活動としてご紹介いただけますと幸いです。
ご希望がございましたら、プレスリリースのテンプレートもお渡しいたします。
お気軽にお申し付けくださいませ。

送料はかかりますか?(誰が負担しますか)

送料は発生いたしません。(送料はインソースが負担いたします)
  • WEBins
  • 20周年特別タイアップ企画
  • モンシャン