loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

OJT研修 ~部下指導編(1日間)

OJT研修 ~部下指導編(1日間)

OJTの柱である「育成計画の策定」について学んだうえで、実践的なワークを通じて「指導スキル」を強化する

研修No.B OJT255-0000-0445

研修安心サービス

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

対象者

  • 若手層
  • 中堅層
  • リーダー層

・初めて業務の指導をする立場となった方
・部下・後輩が思ったように育たないとお困りの方
・育て方がわからない方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 部下・後輩の指導を任せられることになったので、その手法を学びたい
  • 自分の仕事が忙しくなかなか指導に時間がさけないため、効果的な手法を知りたい
  • 計画的なOJT指導ができておらず、新人が若手が思ったように育たない

研修内容・特徴outline・feature

本研修では、OJTの真の目的である自ら考えて行動するための「考え方の軸」の確立を目指していただきます。そのためには、OJT担当者「準備」「継続」「計算」が不可欠です。その前提のもと、正しい育成計画の作り方と正しいOJTの進め方を習得していただきます。

具体的には、「ステップごとに目標を立てる」「目標を細分化する」など、育成計画作りのポイントを学んだうえで、実際の部下・後輩の現状を踏まえた3か月間の育成計画を作成します。 また、「報告の受け方や指示の仕方」「ほめ方・叱り方」など、具体的な指導方法を学んだうえで、ケーススタディを用いた指導ロールプレイングを行い、実践的な指導力も身につけます。

本研修は、高品質なテキストを研修会場等ご指定の住所に直接納品しての実施も可能です。
製本テキストサービス

テキストを試し読み弊社推奨環境でご覧ください

到達目標goal

  • ①指示・指導、報連相、ほめる、叱るなど自信をもって新人若手とコミュニケーションが取れる
  • ②育成計画を立てて「何を」「いつまでに」「誰が」「どうやって教えるか」を明確にする
  • ③ケーススタディにより指導、育成における困難な場面を乗り越える自信がつくる

研修プログラム例program

  内容 手法
  • 1.部下・後輩の立場になって考える
    <部下・後輩の視点からOJTを考える>
    (1)当時不安だったこと
    【ワーク】自分が部下・後輩の年次・立場だったころの「不安」を振り返る
    (2)部下・後輩の不安を理解する
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    <OJTの意義とトレーナーとしての役割を認識する>
    (1)OJTとは「On the Job Training」
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTの「準備」
    (5)Off‐JTとの組み合わせ
    (6)OJTトレーナーの役割
    【ワーク】OJTトレーナーとして、組織から求められている役割を考え、共有する
    (7)OJTを始める前にやるべきこと
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    <効果的なOJTに欠かせない育成計画について学ぶ>
    (1)ステップごとに目標を立てる
    (2)目標を細分化する
    (3)指導をプロデュースする
    【ワーク】部下・後輩の現状を踏まえ、3カ月間の育成計画を立てる
講義
ワーク
  • 4.OJTの進め方
    <部下・後輩の効果的な指導方法を学ぶ>
    (1)指示の仕方
    (2)指示した内容を確認する
    (3)報告させる、相談を受ける
    【ワーク】自分が上司・先輩に報告する際に、気後れしてしまったことを振り返る
    (4)効果的なほめ方
    【ワーク】部下・後輩のほめるところをできる限り書き出す
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】注意しなければならないのに言いづらいこと、その伝え方を共有
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
  • 5.ケーススタディ
    <学んだスキルを活用し、現場での即実践につなげる>
    ※OJT担当者が悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
    ※ケースは受講者に合わせて変更可能
    【ケース例1】わがままな部下・後輩の場合
    【ケース例2】部下・後輩が職場を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース例3】マネジメントする部下・後輩の人数が多い場合
    【ケース例4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合  など
    【付録①】参考資料
     ・コミュニケーション評価シート
     ・パソコンスキル評価シート ほか
    【付録②】OJT活用シート
    (上記のシートに加え)部下との対話を確認するシート 
ワーク

254

1197882

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2021年10月     8名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 人の育成は非常に奥深く、組織の発展には必要不可欠なことを改めて考えさせられました。後輩の話を否定せず、相手目線で聴くことを常に意識します。
  • OJTトレーナーとしての役割を果たすために、日々の些細な会話の中でも相手の本音が引き出せるよう、自らの言動に気をつけます。新入社員時代の気持ち・初心が大切だと実感しました。
  • 後輩の指導にあたり、否定的な言葉は使わないことを心掛ける。自分の軸を早く身につけてもらえるように導く。

実施、実施対象
2020年12月     7名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 個人的な課題として「叱る」部分が弱いと感じていたため、今回の研修で学ぶことができて良かった。また、後輩との接し方について考え直すきっかけとなった。
  • 一人ひとりの個性に合った指導を心がけます。様々な後輩のパターンに合わせた指導方法が分かり、勉強になりました。
  • 現在、後輩指導について思うところがあり、タイムリーに今回の研修を受けることができ良かったです。新人教育を行うにあたり、今ある育成計画を見直すところから始めます。

実施、実施対象
2020年7月     37名
業種
非営利団体・官公庁関連組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
97.3%
参加者の声
  • 指導対象者の長所と短所を改めて見直し、指導の仕方を変えていくべきだと感じた。新卒者を早く自立させられるように、この研修での学びを活かしたい。
  • 新人を指導するうえでの手本にしていきたいです。新人目線になることと、相手のことを理解しようと努力することを意識しつつ指導を行います。
  • 指導をする側は、一方的な指導をせず、相手の気持ちを考えながら接する。指導を通じ、自らも学んでいきたい。

実施、実施対象
2020年2月     65名
業種
商工会
評価
内容:大変理解できた・理解できた
93.8%
講師:大変良かった・良かった
98.5%
参加者の声
  • いかに自分が相手と信頼関係ができていないか、コミュニケーションが不足しているかわかりました。目標がないとだらだら仕事をすることになると思うので、育成計画を一緒に考えます。
  • 相手との会話をしっかり聴くように丁寧に対応します。不安を感じさせないような関わりを意識していきたいです。「今の新人は」とつい口にしていましたが、考えを改めようと思いました。
  • 叱ることと怒ることの違いが理解できたので注意をする際に気を付けて注意する。意識して話を聞くことも心がける。

実施、実施対象
2019年11月     12名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 質問をしながら相手の話を引き出して、聴いていく。積極的にほめる。「ここが良い」を伝えることができていないので、意識して行う。
  • 相手が思っていること、聞きづらいことを質問スキルを使ってたくさん聞き出していきたいと思いました。
  • 自分の後輩への接し方を振り返ることができたので、今後、意識して接し方を変えていきたいと思います。

開発者コメントcomment

OJTの柱である「育成計画の策定」を実際に研修内で取り組み、「指導スキル」の実践ワークや具体的なケーススタディで身につけていただきます。

①育成計画の策定
「いつまでに」「どのレベルまで」「誰がどうやって」「何を教える」かを明確にします。

②指導スキル
「ほめる」「叱る」などの指導スキルをロールプレイングを通して実践的に習得します。具体的には「部下が突然やめたいと言ってきた場合の対処法」や「抱えている仕事が多く面倒を見きれない」などのOJT指導者が悩むケースを想定し、ロールプレイングに取り組んでいただきます。

関連の研修を探す


お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

OJT指導者研修研修
OJT研修の評価
年間総受講者数
16,092
内容をよく理解・理解
96.5
講師がとても良い・良い
94.2

※2020年10月~2021年9月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「インソースのもと」

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集

ご希望の日時・Web会議ツールでの商談ご希望の方はこちらへ オンライン商談ご予約専用フォーム

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

新人教育2022~活躍人材に育てる効果的な育成方法

新入社員・指導者レベルアップ研修

部下・後輩指導研修の選び方

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia OTJ教育

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia メンター制度

一人ひとりの特性と組織全体の傾向を「見える化」giraffeアセスメント

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報

モンシャン 福祉施設で作られた素敵な商品をお届けするショッピングサイト

WEBinsourceの詳細・新規会員登録はこちら

直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!