よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-

よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-

よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-について

組織の生産性を高めるために「心理的安全性」の醸成が必要だと言われています(米グーグル労働改革プロジェクト)。 また、組織のメンバーの関係性の質が高いと、思考の質、行動の質、そして結果の質も高まるという「成功循環モデル」が提唱されています(元MIT教授 ダニエル・H・キム博士)。


では、私たちは具体的にどうすればよいのでしょうか。


まずは自分を感じること、そして他人を感じ、対話をすることが、組織の心理的安全性や成功循環を育むことに繋がると考えています。


また、人は、自分らしさ、大切なこと、やりたいことを探し求めています。自分の本質に対する気づき、他人や組織への気づきが、強い繋がりの一助になると考えています。


本サービスのねらい

◆働く個人一人一人の3つの力を養います

  • ・⾃分の気持や、他⼈の気持ちに気づく、感じる⼒を養う
  • ・物事や出来事を⾊々な⾓度から観る、俯瞰する⼒を養う(リフレーミングやレジリエンス)
  • ・⾃分の気持をキャッチし、素直に伝え、実現する⼒を養う


◆一人一人の内発的な動機づけや、組織の心理的安全性を高めます

  • ・⾃⼰理解~⾃⼰受容、相互理解を深める
  • ・個⼈の内発的動機づけ*を高める
  • ・組織の⼼理的安全性、関係の質の向上を図る

※内発的動機づけ:人は外部からの「報酬」や「評価」を得るためだけではなく、自分の意志や興味によって行動する「内発的動機づけ」によりモチベーションが高まるという研究。(米心理学者エドワード・L・デシ)



よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-は、「感覚(性)」を使う自主&参加型の体感プログラムです。


日常の街・オフィスから、パソコンやスマートフォンから離れて自然の中に身を置きます。森の中で心身ともにリラックスして、五感を使いながら、偏りがちな脳をフル回転させる時間を過ごします。


視覚を抑えて耳を澄ます(聴覚)。樹々や葉っぱ、風の匂いを嗅ぐ(嗅覚)。足の裏に地面の起伏を感じる(触覚)。自然の恵みを味わう(味覚)...自然が相手、参加の仕方や感覚(性)もお一人お一人異なり、 予定調和はありません。水源域の小さな森を楽しみながら、自分と、仲間と、自然との『対話』を味わって頂ければと願っています。


一般社団法人YORUMORIについて

自然の中では「内省」が促され「自己肯定感」が高まり、「人と人との間にある垣根」が下がることから、2012年より「自分」「他人」「自然」との関係性の(再)発見や、 新たな出会いのきっかけ創りの場として『よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-』を企画運営。企業研修や教育プログラムとして展開しています。(2019年8月一般社団法人YORUMORI設立)

会場について

・養老の森及び、古民家またはキャンプ場(拠点)
 山梨県南都留郡道志村5964(キャンプ場「ネイチャーランド・オム」)


・トイレ、お風呂、水道等は、古民家またはキャンプ場の設備を利用
 ▶養老の森HP 
 ▶GoogleMaps


  • ※養老の森:養老孟司東京大学名誉教授を顧問として森林整備・生物多様性・暮らしの場をテーマに活動する養老の森プロジェクトと連携しながら開催しています
  • ※道志村:横浜市の水源の森でもあるこの村の水は、かつて外航船に供給されて「赤道を越えても腐らない水」と賞賛されました
  • ※気候:会場は標高約600〜800メートルのエリアです。過ごしやすい場所ではありますが、山の天気は読みづらく、朝晩等は一日の中でも寒暖差が大きくなることがあります。現地の気温は例年東京より4〜5度程度低くなりますので、脱ぎ着出来る上着や、汗や雨露に濡れた場合の着替え等もご用意下さい

持ち物等(特別な装備は必要ありません)

特別な装備は必要ありません。温度変化への対応や濡れた場合の着替え等は忘れずに用意して下さい。


  • ・野外での活動に適した服装(長袖、足首まで隠れる長ズボン、靴下、帽子等)
  • ・運動に適した靴(トレッキングシューズや底の滑りにくいスニーカー等)
  • ・着替え(天候や足元のコンディションにより汗をかいたり、雨露に濡れる場合への備え)
  • ・雨具(傘や合羽、長靴または濡れた場合の替えの靴)
  • ・リュックサック(デイパックのような⼩さいものでも可)
  • ・洗面具、タオル
  • ・レジャーシート(森で座ったり、寝転んだり)
  • ・水筒またはペットボトル(キャンプ場の水道を利用可。水分補給用)
  • ・懐中電灯(森で一昼夜を過ごす場合)
  • ・保険証(コピーでも可)
  • ・ご自身で必要だと思われるもの(虫除け、日焼止め、お薬、石鹸やシャンプー、ドライヤー等)

  • ※ポンチョ(簡易な合羽)、レジャーシート、ヘッドランプは貸し出しも可能です
  • ※体温調節をスムーズに行うために、脱ぎ着可能な服装を用意して下さい
  • ※焚き火をします。火に弱い素材はできるだけ避けて下さい
  • ※匂いの強い香水、ヒールの靴等はご遠慮下さい
  • ※貴重品はご自身で管理をして頂きます。できるだけ持参しないようにお願いします
  • ※キャンプ場の岩風呂には、石鹸やシャンプー、ドライヤー、タオル等の備え付けはありません(森の一昼夜の場合)

プランについて

プランA:

よるの森のハイキング-内省と対話の五感CAMP-(森の一昼夜〜1日目午後・2日目午前)

プランB:

五感・ダイアログCAMP(1日)

プランC:

森つくりワーク&セラピー(1日)

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)


オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

冊子教材付きeラーニング・動画レンタルプラン

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修