受講管理

進捗管理

受講態度が手に取るように分かる

eラーニングの進捗は、管理画面で確認できます。完了・未対応といったステータスだけでなく、「誰が、いつ、どれくらい時間をかけて取り組んだのか」まで見通せることが、このシステムの特徴です。これまで以上に厳しく、こまやかな管理ができるようになります。

管理者のメリット

進捗状況が一目でわかる

進捗は「未受講」「受講中」「受講済」などと表示され、誰がどんな状況か一目瞭然です。テスト/アンケートの場合は、回答者数が何名かも一目でわかります。

動画の流しっぱなしや早送りを見抜ける

最初/直近で受講画面を開いた日時や、動画・資料の閲覧時間、閲覧完了を報告した日時・回数など、データを非常に細かく取得しています。これらのデータを比較すると「途中までは見ている」「動画を流しただけで、真面目に見ていない」ということが分かります。

未受講者のリストをかんたんに手元に出せる

上記のデータは1クリックでCSV出力できます。上司の方へ報告したり、受講状況をまとめたりするのも簡単にできます。

活用例

進捗をすぐ把握できるようになりました

課題感

これまではeラーニングを実施しても、きちんと見てもらえているか分からず、配信することしかできなかった

課題解決

進捗だけでなく個々の受講時間も分かるので、証跡を適切に管理できるようになった

「学んだフリ」を抑制するのに役立ちます

課題感

 

動画を流すだけ流している人がいても、管理者側で見抜くことは不可能だった。コストをかけて配信しているので、把握できる仕組みが必要だった

課題解決

 

一覧表を見れば、受講態度を把握できるようになった。厳しく管理していると受講者に伝え、学んだフリを抑制している

よくあるQ&A

動画の場合、受講履歴としてどのような情報を取得できますか?

①最初・直近で動画再生画面を開いた日時
②動画再生画面を表示していた時間
③動画を再生した累積時間
④動画再生画面を開いた回数
⑤最後まで動画を見た日付(初回)
⑥最後まで動画を見た回数

上記のように非常に細かくデータを取得しています。
それぞれの情報を比較分析することで、個々がどのように学習をしていたのかが分かります。
スライド形式の資料閲覧時も、同じようなデータを取得可能です。

動画の閲覧履歴はダウンロードできますか?

はい、動画の閲覧時間・再生時間等の履歴は全てCSV出力し、ダウンロードすることが可能です。

視聴数に上限はありますか?また、料金に変動はありますか?

視聴数に上限はございません。Leaf Lightningのコンテンツは全て見放題です。
定額制の料金体系のため、視聴回数に応じて、料金が変動することはございません。

その他のおすすめの機能

おすすめの記事・コラム