eラーニング

コース教育作成

動画やテストを組み合わせてコース化できる

管理者が設定したコンテンツの順番に沿って、動画やテストなどを一続きで受講できるようにする機能です。eラーニングでの事前学習をさせ、オンライン(Web)研修を受講し、レポート課題を提出させるという流れをかんたんに実現いただけます。

利用者のメリット

流れに沿って受講を進められる

一つコンテンツを受講すると、次のコンテンツに誘導される仕組みになっています。複数のコンテンツがあっても、どの順番で受けるのか迷わず、スムーズに学習を進められます。

「うっかり受講忘れ」が減る

中断しても途中から再開できます。「未済」「済」のサインが表示されているコンテンツを受講していけば、確実に受講を終えられます。(未済の場合、リマインドが届きます)

管理者のメリット

SCROM化不要でコースを作れる

動画、PowerPoint、テストなど、あらゆるコンテンツをデータ変換することなく自由に組み合わせることができます。コース化したいコンテンツと順番を決めるだけで作成できます。

漏れなく受講させることができる

ご担当者さまが意図した通りに、順を追って学習させることが可能です。

受けたくないコンテンツをスキップさせない

「動画視聴を完了しないと、テストを受験できない」「動画とテスト、レポート提出をしないと修了認定されない」というように条件を柔軟に設定いただけます。

活用例

受講漏れがほとんどなくなりました

課題感

受講必須のコンテンツが多いほど、確認漏れが起きやすいのが課題。受講者から「全部取り組む必要があるのか」「どの順番で受けるか」多数問合せがあった

課題解決

受講漏れがなくなり「どの順番で受けたらいいか」といった問合せが激減

途中で後回しにすることがなくなりました(利用者)

課題感

 

コンテンツ数が多いと、途中まで受講して面倒くさくなったり、時間等の都合で次の日に後回しにしてそのまま忘れてしまうことも多かった

課題解決

 

受講必須のコンテンツは自動で誘導されるので、利用者の受講漏れも不満も減った

よくあるQ&A

受講を終えたら「修了」「受講済み」などのサインを付けられるのでしょうか?

はい、付けられます。さらに「動画を視聴した後にテストを受けて、なおかつ合格でないと、受講完了にならない」というような、複雑な受講条件を設定することも可能です。

動画・スライド・テスト・アンケート、それぞれ1つまでしか設定できませんか?

設定できるコンテンツの数に制限はありません。いくつでも自由に設定していただくことが可能です。

その他のおすすめの機能

おすすめの記事・コラム