「eラーニングでは限界」の常識を覆す! 新しいeラーニングシステム

オンラインで、いつでもどこでも受講者のペースで学べる、eラーニング。オンライン研修との使い分けを探る中、eラーニングの「弱点」は見えてきていませんか。

「Leaf Lightning」(リーフライトニング)」は、これまで「eラーニングでは難しい」とされてきた点を克服し、研修と変わらない、もしくはそれ以上の学習効果を発揮できるシステムです。ぜひこの機会に、一度ご検討ください!

<目次>
eラーニングにおける「弱点」
eラーニングの「弱点」を、Leaf Lightningで解決!
 弱点1「集中力が持続しにくい」
 弱点2「受動的になってしまい、アウトプットが少ない」
 弱点3「振る舞いの習得や意識醸成には向かない」


eラーニングにおける「弱点」

「eラーニングでは難しいことが何か」見ていただくために、オンライン研修と比較してみました。


eラーニング オンライン研修 Leaf Lightning
受講の手軽さ
どこにいても、スマホで学習できる

回線、ヘッドホン、カメラの準備必須

スマホ、タブレットで
受講可能
集中力
集中が続きにくい
飽きやすい


拘束時間による

集中して学習するための工夫あり
受講時の
アウトプット

アウトプットの機会を作る必要がある


リアルタイムで、質問や意見交換ができる

受講直後のテストで、学習内容が定着しやすい
知識の定着
「覚える」類は向いている

定期的に振り返る機会を設ける必要がある

内容を理解するまで、エンドレスで効果測定
振る舞い習得
意識醸成

動き方や態度を身につけるのは難しい

講師のノウハウ、メッセージを伝えやすい

動画視聴→実践→軌道修正のサイクルで習得
振り返り

必要に応じて、いつでも見返すことができる

録画配信があれば、振り返りも可能

録画配信し放題で、
何度でも復習できる

赤字で記したように、一般的にeラーニングでは
「自由に受講できる反面、人の目がないため、抑止力が働かない」
「動きは定着しにくい」 
と思われることが多いようです。

今回は、この部分をうまくカバーできる方法をお伝えします。


eラーニングの「弱点」を、Leaf Lightningで解決!

弱点1
「集中力が持続しにくい」
→短時間で、連続して受講できるので、集中スイッチが入りやすい

集中を阻害する原因の一つには、「終わりが見えない」ことが挙げられます。
Leaf Lightningには、複数のコンテンツを紐づけ、一つ終わったら次に誘導する「コンテンツチェーン機能」が実装されています。



[ 例 ] 受講の流れ
動画 第一章(5分) スライド資料(5枚) 動画 第二章(7分) 確認テスト

目安の所要時間が分かるので、取り組みやすい
● 必須受講のコンテンツを見逃さない
● 急な用事で中断しても、すぐ再開できる
といったメリットがあります。
短時間にコンテンツを区切ることで、取り組む際の集中力をアップさせることができます。

また、マルチデバイス対応しているので、PCで受講し、後でスマホで再開することも可能です。
研修のように長時間拘束されることがなく、忙しい方にも好評間違いありません。

弱点2
「受動的になってしまい、アウトプットが少ない」
→ 学習後「すぐ」のテストで、着実に知識をものにする

「eラーニングは受け身になりがちで、学びが定着しにくいのでは?」といった声もあります。
一方で、学習してから時間をおかずに効果測定ができるのは、eラーニングの大きなメリットです。

先述の「コンテンツチェーン機能」で、教材とテストの受講順を指定しておくと、学習後にすぐテストを受験できます。インプット後にすぐ振り返りをすることで、定着度をぐっと高めることができます。

Leaf Lightningは、厳正な受講環境をつくるための機能も満載。

● 回答時間があまりに短い受講者には、再受験を促せます。
● 回答時間を公平にするために、制限時間を設定して実施することが可能です。
● 解答する度にランダムで出題する「シャッフルテスト」で、きちんと内容を理解しないと解けないようにします。

システムで管理するからこそ、身につくまで徹底的に教育できます。

弱点3
「振る舞いの習得や意識醸成には向かない」
→ 動画で動き方を伝授!外国語対応も万全

「eラーニングは、振る舞いや態度を身につけるのは難しい」
と思われている方も多いかと思いますが、この点も、動画での教育で解決できます。

例えば、商談の様子を、ロールプレイングで再現して録画し、それをそのまま展開する使い方が有効です。
現場の研修でなくても、十分に振る舞いを習得することは可能です。

動画を見た後に現場指導でしっかりとフォローしていくことで、より早く戦力化でき、高い交渉レベルを標準化することにも繋がります。

さらに、アップロードした動画の音声を読み取り、70か国以上の字幕を自動で付ける機能まで、標準装備!グローバル人材の育成に最適な機能です。
「動画を見る」「実践する」「軌道修正する」のサイクルを繰り返せば、日本語の習熟度に関わらず、適切な振る舞いを身につけることができます。

「eラーニングでは難しい」と思っていたことも、ちょっとした機転とアイデアで解消いただけます。もっと効果があるeラーニングを実施したい方は、ぜひ「Leaf Lightning(リーフ ライトニング)」をご検討ください!


今回ご紹介したサービス