テスト/アンケート

シャッフルテスト

知識が身につくまで、何度も力試しができる

テストを受けるたびに、設問の順番と内容をシャッフルして出題する機能です。正解を丸暗記しただけでは、決して満点は取れません。きちんと知識が定着するまで、何度でもテストを実施することができます。

利用者のメリット

反復学習で、習熟度を高められる

eラーニングで学習効果を高めるには、とにかくアウトプットの回数を増やすのが一番です。テストを再受験するたびに設問が変わるので、毎回新鮮な気持ちでテストに取り組めます。

苦手分野を克服できる

設問がランダムで出題されるため、苦手な問題にも直面しますが、繰り返し解くことで正答するための考え方も分かってきます。資格試験の受験対策などにも非常に有効です。

管理者のメリット

まぐれ当たりでは解けないテストを実施できる

あらかじめ作った設問群の中から、指定した設問数でテストがランダム生成されます。試験問題が毎回変わるため、当てずっぽうでは解けません。

カテゴリを設けてシャッフルできる

例えば「コンプライアンス」「個人情報保護」「情報セキュリティ」のようにカテゴリ分けができます。「コンプライアンス」から数問、「個人情報保護」から数問をシャッフルして出題することができます。

使い分けることで、さらに定着度アップ

「復習用」「本番用」の2種類のテストを作っておくのがおすすめです。「復習用」で何度も解き直し、一発勝負の「本番用」で最終チェックをすることで確実に知識が身につきます。

活用例

順番を覚えられてしまう心配がなくなりました

課題感

何度も同じテストを出すと、順番や答えを覚えられて、あまりテストをする意味がなくなってしまうのが心配だった。

課題解決

順番や設問が毎回ランダムになるので、安心してテストを出せるようになった

確実に理解を深められた実感があります(利用者)

課題感

 

何度も同じテストを受けると、順番を覚えてしまって正解したり、当てずっぽうで正解したり、ということがよく起こっていた

課題解決

 

きちんと問題を確認して解く仕組みが自然にできているので、以前に比べて理解が深まったと実感できるようになった

よくあるQ&A

例えば、10問のテスト問題のうち、4問は「基礎編」・6問は「応⽤編」にして、それぞれランダム で出題する、といったことは可能ですか?

はい、可能です。「基礎編」や「応⽤編」のことを「カテゴリ」と呼び、カテゴリごとに出題する設問数を設定することができます。

受講者によって異なる問題が出題がされた場合でも、回答内容を出⼒できますか? 問題の難易度などを分析したいのですが。

はい、可能です。すべての回答内容が記録され、CSV出⼒をしていただけます。記録件数は無制限です。

練習のテストで、受講者の中には⾃分が解答しやすい問題をねらって、 何回もシャッフルを⾏う⼈がいるかもしれないのですが......。

そのような不正を防ぐため、⼀度問題が出題されたら再度シャッフルを⾏うことができない仕組みになっています。

その他のおすすめの機能

おすすめの記事・コラム